お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


妊娠と出産をサポートする医療機関「母性内科」

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

妊娠と出産をサポートする医療機関「母性内科」

妊娠と出産をサポートする医療機関『母性内科』をご存知ですか?
妊娠、出産に向けて、内科医の立場から母親をサポートする診療科ですが、
全国で3箇所ほどしかないそうです
国立成育医療研究センターの母性内科に勤める村島温子医師は

村島温子医師
「病気を持っている女性が妊娠をする場合や、
 妊娠中に病気を発病した人を
 診断して治療するのが母性内科。
 持病があって妊娠する場合は妊娠前からの管理が大事」

と語っています。
通常の産婦人科では妊娠・出産に関わる症例以外の内科に関する疾病は
専門外なこともありますが、母性内科では一手に引き受けることが出来るそうです。

以前、母性内科を受診していた女性は持病の薬を飲み始めたのと同時に妊娠が判明し、
薬の相談のため母性内科を受診し、その後無事に出産したと話していました。
母性内科にとっても「妊娠と薬」というのは重要な課題であるため、
2005年に厚生労働省の事業で国立成育医療研究センター内に
「妊娠と薬情報センター」が出来ました。
センター長も勤めている村島さんは妊娠中の服薬について不安を持つ女性に対し、
国内外の最新の情報を集めて提供するなかで、

村島さん
「薬に対する漠然とした不安から妊娠が判明した途端に
 服薬をやめて病気を悪くしたり、服薬のために
 妊娠を先延ばしにしたり、怖くなって
 中絶を選んでしまったりすることを防ぎたい」

妊娠と薬情報センターでは、すでにかかっている主治医の治療方針に口を出す
のではなく、患者が判断するための客観的な情報を提供する所だということです。
問診票を記入して、「妊娠と薬情報センター」に郵送し、その後「妊娠と薬外来」で
相談するのが主な流れですが、「妊娠と薬外来」は、全国28箇所の拠点病院にも設置されています。

村島さん
「年齢とともに糖尿病や高血圧など
 慢性の病気が増えてくるので、
 病気を持ちながら妊娠する女性は増えてくる。
 これからの若い世代の医師には
 妊娠を広く捉えて対処できるような
 目と力を身につけて欲しい」

と話していました。

担当:山崎景子

<関連情報・お問い合わせ先>
途切れない支援を被害者と考える会
http://blogs.yahoo.co.jp/nakanobenkyokai