お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

真凛さんから舌打ちも飛び出す!?【みえっぱりのラモーナ・後篇】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週も先週に引き続き、俳優の真凛さんをゲストに迎え、メアリ・ド・モーガンの「みえっぱりのラモーナ」後編をお送りしました。

水の精たちにより影を失い、自分の姿を映し出すことが出来なくなったラモーナは、不安で痩せこけてしまったものの、きつい性格は簡単には変わらず…。
鳥を仕留め損なって舌打ちする部分が、リアル且つイメージ通りで、スタッフからも笑いが飛び出しました。
しかし、顔にけがを負って寝込んでからは、かなり心情の変化も読み取れて、やはり一人で静かに考える時間があると思うところがあったのかなと、語りとラモーナの声色から、時の経過も感じられるようでした。

自分の過去を反省できるラモーナは、美人過ぎるが故に我が儘で見栄っ張りになっていきましたが、元々はエリックをべた褒めにするほど良い子だったのでしょうね。
そして、怪我をして美しさを失ったと思っているラモーナに「前よりずっとかわいくなった」と言ってくれるのが、エリックの良さですよね!

対談では、ラジオドラマを演じた感想に加え、読書のお話も伺いました。

朋子さんは、前篇後篇通して、真凛さん演じる“水の精・少年”の声が、とてもお気に入りだったそうで、アニメーション等でも真凛さんの少年声を聞いてみたいな~と呟いていました。

・真凛さんおすすめの一冊
「幻夜/東野圭吾」

↑「白夜行」の前の話なので、併せて読むのが更におすすめということです。

by 番組スタッフ

 

 

ピックアップ