お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

トースト・ヨーグルト、アップルパイにかけても美味しい「オリーブオイル」

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。
3月15日は香川県・小豆島が制定した「オリーブの日」。そこで、今朝は「オリーブ」にまつわるお話をご紹介しました。

オリーブの栽培品種は、一説によりますと千種類以上もあると言われていて、品種によって枝振りや幹の太さ、葉の形や色などが異なります成長が早く、10メートルを越える場合もあリます。また、樹齢が長いのも特徴で、南ヨーロッパでは千年を超えるケースもあるとか。オリーブはご長寿なんですね!

オリーブの果実は苦くて生では食べられませんが、塩漬けやバージンオイルを楽しむことができます。一般的に、果実の小さいものがオイル用に向いているそうです。

国内のオリーブの産地、小豆島で白く可憐なオリーブの花が咲くのは、例年5月下旬から6月上旬ごろ。果実は球の形やハート形、卵形など品種によって異なるそうで、大きさも1グラム未満の小さなものから15グラムを超えるものまでバラつきがあります。

10月から11月の成熟期に入ると、緑色だったオリーブの実は黄色や赤みを帯びた色になり、完熟すると、黒紫色になるという事ですよ。

オリーブの実は・・・
『カルシウム』『ナトリウム・カリウムなどのミネラル分』や『ビタミンA』『ビタミンB1』『ビタミンC』『ビタミンE』『繊維質』『植物性スクワラン』『ポリフェノール』『オレイン酸』『リノール酸』などなど・・・多く有効な天然成分をたっぷり含んでいます。体力を回復させたり、健康を維持する強い味方と言われているんです。

オリーブオイルは、イタリアンなどの洋風の料理に使うイメージが強いですが、和食にもよく合います。

例えば、朝ごはんなら、卵かけごはん。生卵にオリーブオイルをかけると、卵のコクが増すと評判です。また、納豆や冷奴にも相性抜群。朝はトーストとヨーグルトという方、オリーブオイルは、トーストにもヨーグルトにも、ぴったりです。トーストに、チーズとオリーブオイル、そしてブラックペッパーなんていかがでしょうか?お塩とオリーブオイルというシンプルな組み合わせも食パンに合いますよ。また、デザートの時間も、オリーブオイルは活躍します。アイスや、アップルパイなどにかけると、こちらも風味が増すので、ぜひ、お試しください。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。