お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

第3回ラジオドラマ脚色大賞【山月記/中島敦】受賞作品決定!~ゲスト:石井正則さん~

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週はついに、昨年より募集しておりました「第3回ラジオドラマ脚色大賞」の結果発表です!
課題作品は中島敦の「山月記」。
336篇もの応募作の中から“最優秀作品”に選ばれました、大橋由佳さんの「虎退治のふたり」をラジオドラマ化してお送りしました。

この物語に声と命を吹き込むのは、我らが中嶋朋子さんと番組でもお馴染み、タレントで俳優の石井正則さんです。

元夫の林道は、前半は少し虎のような唸り声や雰囲気をセリフの端々に散りばめられていたのですが、後半に差し掛かるにつれて段々と人らしい喋り方や振る舞いが見えてきて、石井さんの演技は「流石」の一言に尽きます!
また、次に踏み出せないでいる林道の気持ちなど、共感できるものも多くとても楽しませていただきました。

中嶋朋子さんは元妻の悦子を演じられました。
ラジオドラマの所々で、林道がどんな人物だったか思い出したり、再確認するシーンがあったのですが、それがなんとも印象的で・・・。懐かしむでも、憐れむでも無い、独特な表現がたまりませんでした!

林道が虎に成ったことを告白しても、「ああ遂にそうなったか。」と大きな驚きもなく納得している様子など、二人の関係を興味深い形で描写されていました。

大橋由佳さんの「虎退治のふたり」は脚色大賞の最優秀作品に相応しい、読み応えと聞き応えのあるラジオドラマでした。
僕自身、原作の「山月記」は、学生時代学校の教材として触れただけだったのですが、この機会に改めて触れることでさらに文学への興味が増しました。
原作を未読の方には、原作への興味を沸き立たせ、原作を読了の方には、脚色によって新たな見方で原作と向き合える素敵な作品なのではないでしょうか。

by 西村成忠

来週は、優秀賞作品の中から 佐藤菜々子さんの作品「坂道を下る影」をラジオドラマ化してお届けします。
この作品は最終審査会で、作家と制作陣で評価が二分した作品です。作家・番組ディレクターによる講評もありますので、お楽しみに!

第3回ラジオドラマ脚色大賞 受賞作品は以下の通りです。

最優秀作品 「虎退治のふたり」 大橋由佳さん
優秀賞作品 「坂道を下る影」 佐藤菜々子さん
     「満月に向かって吠えてみた」 関口匡彦さん
     「こいごころ」 樫本有美さん

最優秀作品には、賞金10万円。優秀作品には、賞金3万円、そして受賞された皆様へ番組特製ブックカバーを授与いたします。
おめでとうございます!
そして、たくさんのご応募をありがとうございます。
ご応募いただいた皆さんに、この場を借りて、お礼申し上げます。
(By番組スタッフ)

 

ピックアップ