お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

国山ハセン「番組終了」について考えてみた。ゲストは、教育社会学者の内田良さん。

週末ノオト

TBSラジオからバービーがお送りする「週末ノオト」(毎週土曜13:00-14:55)

3月6日(土)
今回のパートナーは国山ハセンアナウンサー。

国山ハセン「番組終了」について考えてみた」

1時台の新コーナー、アナウンサーコラム「〇〇について考えてみた」。今回は「番組終了」について。

今月いっぱいでハセンさんがMCを務めている「グッとラック!」が終了となります。番組立ち上げから終了を経験するのは初めての事だそうです。

そんな中「8年目研修」というものが行われました。2013年入社の同期が集まってキャリアを振り返るという講座。

ここで「番組終了」と「8年目研修」で一番リンクしたのが「リーダーシップ」について。

国山:まぁ私もそもそもこの「グッとラック!」が始まる際にですね、MCっていう立場なんで、どうやって番組を引っ張っていけばいいかなっていうのはすごく考えました。で、30前…当時28歳ですので

バービー: わぁーすごいな…

国山:その年齢で共演者の方々とどういうチームワークをこれから築いていくべきなのかなって考えたんですけど、私は番組進行という交通整理の役割があるので、ムードメーカーでありたいなと思ったんですよ。

バービー:あーうんうん。

国山:ムードメーカーっていうやり方自分なりのリーダーシップがあるんじゃないかと思ってたらまさにこの8年目研修で、そのリーダーシップにはいろんな型があると…

バービー:はぁ!

国山:その中で言うと私はまさにですね「関係重視型」の人間だなと思ったんですよ…!

詳しくは、radikoのタイムフリーで。

2時台は教育社会学者の内田良さんをお迎えして

最近「ツーブロック禁止」や「下着の色指定」、「あだ名禁止」など学校のルール、「校則」について気になるニュースが。
今回のゲストは名古屋大学大学院・教育発達科学研究科・准教授の内田良さん。リモートでご出演頂きました。

内田さんの専門は「教育社会学」。
学校や家族に関わる社会問題について研究されていまして、
校則に関しては、2018年に、荻上チキさんとの共著
「ブラック校則 理不尽な苦しみの現実」を出されています。

バービー:子供も時代によって性質が違うと思うんですけど、校則だけは残っていて、そしてどんどん個性が許される時代になっても校則が増えて行ってるっていうのが不思議ですね。

内田:そうなんです。本当にね「個性の尊重」っていうスローガンはね、学校教育会では1980年代からあるんですよずっと。ところが「個性の尊重」って言ってきた割にはむしろすごく厳しくなっているっていう事なんですね。

昔は「不良を抑え込む校則」だったのが今は、悪い行動を抑え込むというよりも「ちょっとしたおしゃれ」を根こそぎ抑え込む感じに…。

小学校での「あだ名禁止」というニュースについて。

内田:そもそも、何でこんな校則が出てきたかを考えなければいけなくて、あだ名禁止に関しては、よくSNSでも出てくる声が「あだ名っていうのは親しみを込めてるものだからいいんだ」っていう声がたくさんあるんですね。それは僕も全く同感です。ただ、なんでこのあだ名禁止っていうのが出てきてるのかって言うのをたどってみると、やっぱり、みんな親しみを込めてやってるつもりでも、嫌だと思ってる被害者の子供だけはめっちゃしんどいんですよね。なので、いったんはその事をちゃんと理解しなければいけないという事。

大事なのは「校則だから」とか「そう決められた」からというだけで何も考えずに言われたことを守るだけの考えない子供になっていくのを避けたいという事。

バービー:学生時代とかにひどいあだ名付ける人いました?

国山:今のお話だと確かにいましたよね。周りもそれに乗っかって、何となく笑いで済ましてる部分はあるけど、その子自身の立場になったら深く傷ついてたんじゃないかなっていう風に思いますもんね。

バービー:校則を守らせる側の教師はどういう風に捉えているんですかね?

内田:全般的に色んな統計調査を見ると、基本的には校則には賛同的な人が多いです。それは保護者も含めて。やっぱりまぁだから日本社会こうやって回ってるんだろうなみたいに思いますけれども。

バービー:あー…

内田:やっぱり基本的には身なりは統一した方がいい!みたいな感覚強いんですね。あと子供の行動規制。これって、学校の外で子供がちょっとフードコートで長時間喋ってるとかね、あるいはどこかでトラブル起こすと、みんな学校に電話するんですよ。それって実は非常におかしな事で、それは保護者の責任なのに学校に電話をする、それで学校の先生が謝りに行く、そしてそこで校則を厳しくする。悪循環に入っているんですね。

全編はradikoのタイムフリーで聴いてみて下さい。

「内田良の学校カエルちゃんねる」でも色々お話されてますのでこちらもぜひご覧ください!
https://www.youtube.com/channel/UCb4m6cdbFaWDux6qh05eVgQ

次回3月13日のパートナーは、山本恵里伽アナウンサー。
ゲストは、気象予報士の長谷部愛さんです。