お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

【若狭湾の日】若狭はフルーツもおいしい!旬のイチゴを食べ比べ

若狭湾の日

TBSラジオ「爆笑問題日曜サンデー」(日曜午後1時~)で毎月放送されている、「若狭湾の日」。春が待ち遠しい2月28日(日)の放送では、今が旬の甘~いイチゴをスタジオでご賞味いただきました。

若狭湾の日

鯖や蟹などの海産物が有名な若狭ですが、実はフルーツの栽培もされています。イチゴ園もあり、旬を迎えた今、新型コロナに負けじと頑張って生産に取り組んでいます。

若狭湾の日

イチゴといえば、イチゴ狩り。福井県最大のイチゴ狩り園が、おおい町にある「いちごめぐり」です。イチゴ狩り園の食べ放題は30分間というところが多いなか、こちらは60分間食べ放題、練乳つけ放題と太っ腹! もちろん、飲食時以外のマスク着用、検温、予約制など、新型コロナ感染症の対策もしっかり行っています。園内もとても清潔で安心。

若狭湾の日

ハウスで育つ品種は3種類。酸味が少なく甘味をしっかりと感じられてジューシーな「章姫(あきひめ)」、香りが高く甘酸っぱい「紅ほっぺ」、果実の中まで真っ赤でビタミンCたっぷりの「おいC(シー)ベリー」、それぞれ異なる味わいを楽しむことができます。さらに、いちごパフェやいちご大福を作る楽しみも(別料金)。

若狭湾の日

フレッシュで食べ応えたっぷりのイチゴを紹介してくださったのは、「おおい観光フレンズ」の齊藤萌さん、田中留理子さん、中間美奈さん。「紅ほっぺは大福に乗せてもおいしいんです!」というアドバイスを元に、爆笑問題のお二人には、イチゴと大福を味わっていただきました。

若狭湾の日

「大福の甘さにイチゴが負けてないね」と田中さん。太田さんは、あっという間に一口で平らげてしまいました。ちなみに、スタジオに用意した大福は、小浜市にある天保元年創業の老舗、「伊勢屋」の逸品。なんとも贅沢な組み合わせです。

若狭湾の日

「いちごめぐり」では、ジャムも手作りしています。使用する完熟イチゴの量は、一般的なイチゴジャムの3倍とたっぷり。グラニュー糖とレモン汁を加えただけのシンプルなジャムは、瓶を開けると、ふわ~っと甘酸っぱい香りが広がります。アイスやヨーグルトにかければ、贅沢なスイーツのできあがり。チーズと一緒にチーズジャムトーストにするのもオススメです。

若狭湾の日

今月は、「いちごめぐり」の完熟イチゴ4パックと、ジャム、おおい町の銘菓「いちご羽二重餅」をセットにして、10名様にプレゼント。春を感じる甘い若狭の味覚をお試しあれ!

⇒アンケートフォームはこちらhttps://www.tbsradio.jp/wakasa/