お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ
  • 音声あり

イモト、『BRUTUS』掲載に「嬉しさ半分、恥ずかしさ半分」

イモトアヤコのすっぴんしゃん

「すっぴんしゃん」もう一度聴きたい方は、下の黒丸をポチッとすれば聴けますよ♪

イモトアヤコのすっぴんしゃん | 2021/03/03/水 21:30-22:00http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210303213000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

イモトが、 人気ポップカルチャー雑誌『BRUTUS』のラジオ特集に掲載されたことについて「嬉しい半分、恥ずかしい半分」と正直な気持ちを告白。というのも、実際に掲載されたのはイモトがイラストを描いた番組ステッカーのみ。これが他の芸人さんのラジオ番組と並んで紹介されたため「レベルの違い」を痛感!そして、同じく恥ずかしい思いをしたという怒りのディレクターから緊急に番組ステッカーの改善会議を開かれることに。

 

イモト:1回、スルーした方がいいかな、無視した方がいいかな・・・。すごく今、怖いんですけど・・・。これ、なんでかっていいますと、えーまあ、あのう〜。いつも目の前に作家のイヤスさんがいるんですけど、またもやその横にディレクターのカリヤさんがいるんです。しかもですよ、今日は・・・(笑)浜崎さんがかけるようなでっかいサングラスをかけていらっしゃるんですけど(笑)あの、これ、触れない方がいいっか・・・。ど、どうします?

カリヤ:怒ってるんです、私は!!

イモト:また!?もういいでしょ!?なんで!?今、いろんなギモンがあるんです!怒ってる?

カリヤ:はい、怒ってます!

イモト:私、また何かしました?前回もこういうことがありましたよね?私がインスタグラムで、「すっぴんしゃん」の番組アドレスを違ったということで怒られてました。それは本当に申し訳ないと思いました。また別のことで怒ってるの!?

カリヤ:また別のことです!

イモト:ごめんなさい、怒ってることと、そのグラサンは繋がってる?関係がある?

カリヤ:私の顔立ちが柔和なので。怒りを表現するためにかけました。

イモト:そうゆうこと!?(爆笑)いやいやいや。だとしたらその意味無いですよ。全然怒ってるように聞こえないですよ。さっき、机をバンって叩きましたけど、気を使って弱い音で(笑)

カリヤ:(笑)ほんとに怒ってますよー。ちょっとイモトさんに、これを見ていただきたくて。この雑誌、ご存知ですか?

イモト:知ってます!『BRUTUS(ブルータス)』、憧れのオシャレ雑誌ですね。

カリヤ:そうですね。人気ポップカルチャー雑誌。この3月1日発売の『BRUTUS(ブルータス)』が、「なにしろラジオ好きなもので。3」ということでラジオ特集が組まれてるんですね。

イモト:はい、これ、本屋さんで表紙は見ました。

カリヤ:ここに載るのは番組にとってすごいことなんですよ。で、このラジオ特集の企画の中で番組ステッカーを紹介するコーナーがありまして。なんと、「イモトアヤコのすっぴんしゃん」も紹介したいという声がかかったので、貸し出しをしました!

イモト:マジ!?(拍手)すごいじゃん!

カリヤ:でも、違うんです!(机をドン!)

イモト:うわ、めっちゃ怒ってる〜!

カリヤ:ちょっと私、恥ずかしい思いをしまして。

イモト:え?待って待って待って。

カリヤ:この番組ステッカーがどういうものか、イモトさん、説明してもらっていいですか?

イモト:人気ラジオ番組ってメールを送ると番組のノベルティグッズでステッカーとかを送る、みたいな。すっぴんしゃんは5年も経つけど無いよねってことで、5周年を記念して私がイラストを描くのでそれをシールにしませんか?ってことで作りましたよね。

カリヤ:実はその時、ちょっと不安があって・・・。

イモト:なんですか、不安って?

カリヤ:イモトさんが描くんだな・・・って思って。

イモト:言ってよ!

カリヤ:でも、おじさんスタッフ2人が「いいじゃん、いいじゃん」って話をするんで。

イモト:乗り気でしたよ!なんならイモトさんが描いてくださいって。

カリヤ:ほんとだったらプロのイラストレーターの方に頼んだりするものなんですけど。絵のことはちょっと置いといて。イモトさん、どういう感じでイラストを持ってこられましたか?

イモト:(笑)リュックサックに入れて持ってきましたけど、けっこう大きい紙にイラストを描いたもんで、リュックサックに入りきらなかったもんで半分に折って持ってきました。しかも、折った線が絵に被ってますよね。

カリヤ:それをおじさんスタッフは面白がってたんですけど。実際に、雑誌の特集ページを見ていただきたいんですけど。

イモト:私これ、表紙を見たんですよ。自分を低く見過ぎたな。自分は絶対に載って無いと思っちゃったんですよ。だから中はチェックして無いです。まさか、載ってるとは思ってなかったので。

カリヤ:じゃあ実際の特集ページを見てもらって・・・

イモト:「イモトアヤコのすっぴんしゃん」が紹介されてますね!他に、「空気階段さん」とか「霜降りさん」とか。そこに私が描いたイラストのステッカーが並んでいるよ。折った線も無いんじゃ・・・

カリヤ:(遮るように)ちょっとレベルの差がすごくないですか!

イモト:(笑)そこ!?いやいやいやいやー

カリヤ:「空気階段の踊り場」のステッカーのデザインは映画「キッズリターン」をパロディにしたもので、「霜降り明星のオールナイトニッポン」は「かいけつゾロリ」の原ゆたか先生が描いたイラスト。「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」はビックリマンシールっぽい感じで。

イモト:ああ〜、みんなちゃんと・・・。

カリヤ:で、イモトさんは・・・

イモト:(笑)やっば!これを堂々とよく送れてたねー。これ、『BRUTUS』はどう思ったんだろう。やだ、恥っ!しかも、線は見えないけど汚れはそのままよ。やだ、せっかくの『BRUTUS』なのに!

カリヤ:これを見て恥ずかしくなってしまいまして。

イモト:たしかに(笑)これは並ぶものじゃ無いね(笑)これ、ヤバいな!ゆうても、味があるからいいじゃん!って思ってたけど、そうゆう問題じゃ無いね。『BRUTUS』に掲載されると、レベルの違いが凄すぎますね!身内ネタってこういうことなんですね!おそろしい・・・。

カリヤ:今回は、緊急!番組ステッカー改善会議ということで、今後どうしていきたいかをイモトさんにお話いただきたいので、お返しします!

イモト:私、これを描いた時、すごい良いのが描けたと思って。すっぴんしゃんのグループラインにもすぐ送って。でも、カリヤさんだけは食い気味に「あ、カワイイです!」って来た気がするんです。あの時、本心はどう思ったんですか?

カリヤ:カワイイなとは思ったんですけど、よくよく考えるとおかしいなと思いつつ。しかもこの折り目はどうするんだろうって。

イモト:たしかに。今日でこのステッカーは終わろう!

カリヤ:在庫がちょっと・・・。まだ100枚くらいは・・・。

イモト:1回の放送で1枚だとすると、無くなるのに2年はかかりますよ!私、買い取ろうか!?逆になぜ、このコーナーで『BRUTUS』さんは選んでくれたんだろうね?

カリヤ:情報だけ先にいってたかもしれないですね。イモトさんの手描きのステッカーだったというので、いざ受け取ってみたら・・・もう断れない、みたいな。

イモト:ちょっとやめてよ、出版社さんの心の声を読むの!(笑)なんかわかんないけど、今すごく恥ずかしいです!内弁慶な感じが。家族には面白いなんて褒められてたのが、外でやったら全然ダメだったみたいな、そういう気持ちです。

カリヤ:他の芸人さんのステッカーのデザインだったら、グッズ展開しても欲しいってなりますよね。

イモト:たしかに。お金を出してでも欲しいってなる。

カリヤ:これがカバンにイラストされて・・・

イモト:え!?恥ずかしいしか無いよ!そっか!グッズ展開したとして、そのあと、どんなものがあるんですか?

カリヤ:Tシャツとかトートバッグとかクリアファイルとか。

イモト:絶対にやめましょう!パジャマとしても家の中でもイヤですよ!作るならちゃんとデザイナーさんにお願いをして。でも、今こんなこともできるんだって思ってしまったんですね。有名なイラストレーターさんとコラボができるっていうのは、ちょっとニヤつきましたね。

カリヤ:霜降りさんはゾロリの熱烈なファンだったことがきっかけでご縁ができたそうですよ。

イモト:え、・・・「キングダム」の・・・原・・・さん!?

カリヤ:たまたま思い付いただけですよね?

イモト:はい、思い付きました。あ!これは!私のエッセイの「棚からつぶ貝」の装丁が良いって言ってもらうので、かわいい、イモトさんらしいなんて。「棚からつぶ貝」のイラストのながしまひろみさんとか。あと、私が好きな益田ミリさん

カリヤ:どんどん好きだというエピソードを話していった方が良いですね。

イモト:あと、キャラクターとコラボもありますもんね。もともと、「ちびまる子ちゃん」が大好きだからさくらプロダクションも最高ですね!さくらももこさんの世界観がすごい大好きなんで、そこに出てくるコジコジみたいなタッチで自分も描いていただき、コジコジとコラボするとか。良いですねー、そのシールは普通に欲しいわ!逆にさー、もっとファッショナブルでもいいわけですよね!?例えばですよ、GUCCIとコラボするのでも良いですよね!?

カリヤ:(笑)

イモト:それもめちゃ欲しくない?(笑)GUCCIが作る「イモトアヤコのすっぴんしゃん」のステッカーってどんな感じなんでしょうねー。あとですよ、うちの夫(石崎さん)、絵がめっちゃうまいです!

カリヤ:(笑)

イモト:全員に断られたら(笑)今、夫の描いた絵をスマホの待ち受けにしているんですけど。

カリヤ:(石崎さんの絵を見て)うわーーー、すごい!

イモト:ポップですけど。そういう案もありますね。うちのダンナは絵がうまいのよという急にノロケですけど(笑)それをステッカーにしてリスナーさんに配るという(笑)ひどい夫婦(笑)

カリヤ:(笑)

イモト:うーん、これはムズイなあ。もしよければ、リスナーさんからもアイディアが欲しいですね!もしメールを紹介してもこのステッカーしか送れないですけど(笑)こういう人に頼んだらいいとか、こういうタッチの絵を見てみたいとか、こういうブランドはどうだろうとか。あと、リスナーさんで絵が得意な方がこういうのを描いて見ました!というのをぜひ、メールでいただけるとありがたいです!あと、改善ポイント、こういう風にしたら私は欲しいというポイント、そういう案があれば、ぜひ!そのメールを元に会議をして、より良いステッカーに作って、メールを送ってくださった方にステッカーを送りたいです。いい循環になるといいですね! ぜひね、suppin@tbs.co.jpまで。

イモト:いやあ、これは反省だな。逆によかった、『BRUTUS』さん、ありがとうですね。今回載せてくれなかったら私やここにいるメンバー全員、気づかなかったですね。でも、「イモトアヤコのすっぴんしゃん」が『BRUTUS』のラジオ特集に載ったことは嬉しい!あ、でも嬉しい半分、恥ずかしい半分です。

 

TBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(3月3日・水曜放送より)