お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

銃弾に馬乗りになった次は…??【ほら吹き男爵の冒険・後編】ゲスト:櫻井貴之さん

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週もゲストにコーラスグループ「ベイビー・ブー」の櫻井貴之さんをお迎えし、ビュルガーの『ほら吹き男爵の冒険』後編をお送りしました。

櫻井さん演じるミュンヒハウゼン男爵は前篇同様、甘い声でホラを話し、貴婦人たちの耳を虜にしていきます。
今回新しく登場する将軍の声は、ダミ声で偉ぶった雰囲気があり、櫻井さんの声の音色の広さに驚かされました。
なんといっても「男爵、よろしいですな」の決め台詞は必見、いや必聴です!!


中嶋さん演じる貴婦人は前半よりも、更にホラ話の面白さに夢中になる様子が見事に表現されていました。
最後の突っ込みを入れながらも“もっと頂戴”とホラ話にどっぷりとはまってしまい、得意げにホラ話をしていた男爵が逆に疲れてしまうというシーンにクスッと笑ってしまいました。
何と言ったって男爵はホラ話の中で、月にまで行ってしまいましたからね…(笑)


対談では、作品についてのお話。
中嶋さんの「“いつまでも読んでいたくなる話”で小さいころに出会ってたらどうなってたんだろう…」に対して、櫻井さんは「想像力が豊かになってそう」と答え、盛り上がっていました。
私も今回、前篇・後篇と収録を見学させていただきましたが、すごくワクワクする夢がある作品だなと思い、櫻井さんの意見にすごく共感しました。
何歳になってもワクワクする本って素敵ですよね!

さて、次回はどんな文学の世界が待っているのでしょうか?
次回の文学の扉もお楽しみに!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

by 高尾 美有

ピックアップ