お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ

ついに髙見澤先生の小説第三弾が連載開始!!

高見沢俊彦のロックばん

ロックばんでも触れていましたが・・・

2月22日(月)発売の「オール讀物(3・4月合併号)」にて・・・

髙見澤俊彦先生による小説第三弾「特撮家族」の連載が始まりました~!!

さあ、今回の小説は今までとはまた違った形と先生は仰っていましたね~。

どんな物語か・・・

皆さん!!これはホントに要checkですよ~!!

 

ということで、今回もいきましょう。

山本特殊鋼株式会社さんとのコラボ・コーナー「鋼の美学」。

今月も社員さんからおススメの「映画」を教えてもらってます。

今回は・・・これ!

沈黙~サイレンス~

今回教えてもらったのはK・Yさん。

 

『沈黙~サイレンス』

原作 :遠藤周作

監督 :マーティン・スコセッシ

刊行から50年の2016年に、巨匠マーティン・スコセッシ監督が

世界20カ国以上で翻訳され、今も読み継がれている

遠藤周作さんの「沈黙」をついに映画化。

江戸初期の長崎を再現し、人間の強さ、弱さとは?信じることとは?

そして、生きることの意味とは?貧困や格差、異文化の衝突など、

この混迷を極める現代において、人類の永遠のテーマを深く、尊く描いた作品。

 

K・Yさん曰く・・・

相手を知らなければ、誤解を生じると言ったところでしょうか。

 個人対個人、国対国も然り、みんな仲良く平和に行きたいものです。」とのこと。

 

素晴らしい俳優陣と重厚な原作の作品ですが、

Takamiyも「いろいろと考えさせられる奥深い作品ですね。」とのこと。

K・Yさん、ありがとうございました!!

 

唐突に取り出したTakamiyの私物・・・↓↓

高見沢俊彦のロックばん・次回もお楽しみに~!!