お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

道草晴子×宇多丸×宇垣美里、話題の『みちくさ日記』『よりみち日記』を語る

アフター6ジャンクション

カルチャー界の重要人物に話を聞く「カルチャートーク」のコーナーは…漫画家の道草晴子さんでした。

道草さんは、小学生の頃からマンガを描き始め、13歳で、「ちばてつや賞 ヤング部門 優秀新人賞」を受賞。
しかし、その後14歳で精神科病院に入院し、以降20歳までの人生の大半を病院で過ごすことになります。
そして30歳になったときに、一念発起。みずからの半生を綴ったコミックエッセイ『みちくさ日記』の連載を始め、2015年に単行本として発売。一躍話題となります。さらに2020年10月には続篇にあたる単行本『よりみち日記』を新潮社から発売されました。

道草さんの作品への思いや、トレードマークの笑い声「ドゥフフフ」の誕生秘話、さらには生きていくヒントなど…。
ここでしか聞けない道草さんのお話を伺いました。