お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

潜んでいたウイルスが原因!免疫が落ちた時に現れる”帯状疱疹”

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

今週の「再春館製薬所 健康一直線」は、よしき皮膚科クリニック銀座・院長の 吉木伸子(よしき・のぶこ)先生に、「チクチクとした痛みが伴う皮膚症状「帯状疱疹」をテーマに伺いました。

●子どもの時に罹った水疱瘡のウイルスが数十年間も神経節に潜伏し、免疫力が低下した時に活動する。
●帯状に赤い斑や小型の水ぶくれがまとまって出現して増えてくるのが特徴。
●抗ウイルス剤の内服と抗ウイルス剤の軟膏が中心。早めの治療開始が予後の決め手に。

チクチクとした痛みが伴う皮膚症状 “帯状疱疹”http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20161010040000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)