お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

巣ごもり生活を癒す最新スムーズR&B (高橋芳朗の音楽コラム)

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる音楽コラム(2021/2/11)

『巣ごもり生活を癒す最新スムーズR&B』

巣ごもり生活を癒す最新スムーズR&Bhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20161010040000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

高橋:本日はこんなテーマでお送りいたします! 「巣ごもり生活を癒す最新スムーズR&B」。そもそも「スムーズ」ってなんだ?ってことになると思いますが。

蓮見:はい。なんでしょう?

高橋:「巣ごもり生活を癒す最新R&B」ではちょっと寂しいと思ったからつけてみただけなんですけどね(笑)。要はシルクのようになめらかに流れていくおしゃれなR&Bということです。

蓮見:かっちょいいってことですか?

スー:ナイス&スムーズってことですか?

高橋:そう、かっちょよくてナイスでスムーズなR&Bをここ数ヶ月ほどのリリースから4曲紹介したいと思います。今日(11日)は早春の暖かさということですが、そんな陽気にもばっちりかと。今日のメールテーマと同じ「プチ贅沢」な時間をご提供できると思います。

スー:皆さん、お紅茶やおコーヒーなどを飲みながらスムーズな時間をすごしてください。

高橋:では早速いってみましょう。まずはヴァンジェスの「Caught Up」。2月5日にリリースされたニューアルバム『Homegrown』の収録曲。ブルックリンのソウルバンド、フォニー・ピープルがゲスト参加しています。このヴァンジェスは2016年にデビューしたイヴァンナとジェシカからなる姉妹デュオ。アフリカはナイジェリア生まれ、ロサンゼルス育ちというバックグラウンドがあります。R&Bに詳しい方なら1990年代にジャネイという女性R&Bデュオがいたのをご存知だと思いますが、このヴァンジェスはまさに現代版のジャネイ。

スー:なるほど、わかった!

高橋:実際にジャネイのヒット曲「Groove Thang」をカバーしていたりして。まさにスムーズでスタイリッシュなR&Bを標榜しているアーティストです。

M1 Caught Up feat. Phony Ppl / VanJess

 

高橋:これはスーさんお好きでしょ?

スー:ジャネイ感、ありますねー。ちょっとおしゃれで、暑苦しくもなくて。スムーズに人波をぬうように歩いていく、そんなスレンダーな女子って感じ。

高橋:続いてはミシェルの「FYO」。1月28日にリリースされた最新シングルです。ミシェルは去年に名門アトランティックレコードからメジャーデビューしたニューヨーク出身6人組。10代後半から20代前半の若いメンバーで構成された男女混成/人種混成バンドです。この曲はまさにそういうメルティングポットな環境で育ったメンバーの経験が活かされたメッセージソング。ポップ性が高いので幅広いリスナーにアピールし得るんじゃないかと思います。

M2 FYO / Michelle

 

高橋:3曲目はライの「Safeword」。1月22日にリリースされたニューアルバム『Home』の収録曲です。ライはカナダ出身のシンガーソングライター、マイク・ミロシュのソロプロジェクト。2013年にデビューして今回が4枚目のアルバムですね。このマイク・ミロシュは男性なんですけど、女性シンガーのシャーデーを彷彿とさせる官能的なボーカルで。これがまた淡い浮遊感のあるサウンドとの相性が抜群。この曲に関してはビートがしっかりしていてダンサブルな仕上がりになっています。

M3 Safeword / Rhye

 

高橋:春ですねー。

スー:フワッと花の香りがするね。なにかを予感させる感じ。

高橋:最後はホープ・タラの「Cherries」。こちらは去年12月にリリースされたEP『Girl Eats Sun』の収録曲。ラッパーのアミーネが客演しています。ホープ・タラは2019年7月のこのコーナー、「梅雨空に映える最新癒やし系女性R&B」と題した特集で取り上げたロンドンに拠点を置くシンガー。実はバラク・オバマ元大統領が2020年のベストソングのひとつとして今回の彼女のEPに入っている「All My Girls Like To Fight」を選んでいて。

それで一気に注目を集めたわけですが、僕だったら同じEPでも断然こちらの「Cherries」を選びますね。

スー:フフフフフ。「俺がオバマだったら」って?

高橋:オバマさんのこのセンスはいかがなものかと……僕だったらこれからかける曲に「チェンジ」します(笑)。これもボサノヴァ調の春を予感させるR&Bですね。

M4 Cherries / Hope Tala & Aminé

高橋:うん、今日の気候に合わせて30分前に選曲を変更しました(笑)。

そして、僕とスーさんでお届けしているAmazon MUSIC独占配信のポッドキャスト『生活が踊る歌』の最新エピソードは「『生活は踊る』オンエア曲から学ぶポップス入門:AOR編」

ダフト・パンクからKIRINJIまで洋邦とりまぜて40曲を選曲した春に向けてぴったりなプレイリスト、「ドゥービー・ブラザーズ『What a Fool Believes』の影響を聴く」と共にお楽しみください!


AmazonMusicにて、高橋芳朗&ジェーン・スーによる podcast番組 「TBSラジオ 生活が踊る歌」が配信中!詳しくはコチラ