お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

松尾芭蕉=忍者説はウソ?手裏剣使ってなかった?忍者の実態に赤江&土屋スッキリ!

赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび

平日午後1時から放送中のTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」。
2月11日(木)は、赤江珠緒×土屋礼央のコンビでお送りしました。

2021年2月11日「赤江珠緒たまむすび」https://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210211130000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

建国記念の日。祝日モードの家庭から抜けだしづらかったという2人。
土屋家では、普段、息子が学校行ってから準備をするが、今日のような祝日に「働きます!」みたいな空気感は不和を招くのでNGとのこと。

そこで息子に「11時までサッカーやろう、いややりたい!
と自分から積極的に提案。そんな朝を過ごしたことを報告。

一方、今朝の赤江家ではピン太郎(娘)が「お母さん走ろうよー」と机のまわりを走りたがるモードに突入。

この要望に準備をしながら付き合うため、ある魔法を使った赤江さん。
ところが知恵をつけたピン太郎・・・いつの間にか立場を逆転させられ、結局赤江さんが走りまわってきたみたい。。。(色々大変なんすね)

とにかく、祝日の仕事は、各家庭の駆け引きを浮き彫りにするようです。てなわけで、メッセージテーマは「家族攻防戦!

▶2時からのレオ販店は「お蕎麦屋さん」でしたー
こう見えて、土屋店長は、ミュージシャンでありながら、年末に自分で蕎麦作ってます!

赤江店員は、お蕎麦屋さんで元阪神タイガースの掛布雅之さんに、偶然会ったことがあります!

「実は、私も蕎麦屋で掛布さんにあったことあるんです!」というリスナーさんからのメッセージも届き〝掛布さんは蕎麦好き!!!〟というなんだが心温まる事実が判明しました。

来週の特売品は『ネジです。
支えられていない人いないんじゃないですか?地味ですが、とっても良い仕事をする一品。『ネジ』にまつわる情報・エピソードお寄せくださーい!

▶3時からはゲストコーナー「おもしろい大人」。
現役の高校の先生で歴史学者の平山優さんが登場。

リモートでのご出演!(後ろが図書館みたいな書斎より)

平山先生は、大河ドラマ「真田丸」の時代考証を担当されたまさに戦国のエキスパート!劇中の古文書の文面とかも考えたりするそうです。(スゴい!!)

そして今日のテーマは「忍者
手裏剣はたぶん架空です、あったとしても江戸時代」(平山先生)

伊賀・甲賀は実際どんな集団だったのか?それ以外の忍びの者はどんな人・仕事をしていたのか?忍び使いのうまい武将は?

スパッ!スパッ!と忍びの実態や見分け方を解説してくださいました!
忍びはまさに生きるか死ぬかの大変なお仕事。今後、忍びのものを見る目が変わるお話だらけでした。

平山先生のご本「戦国の忍び」(角川新書)

こちらの忍びの書、ぜひお手に取ってみてください!!!

そして!!明日は外山惠理&玉袋筋太郎の「金曜たまむすび

2時からは、告知したい人がやってくる「プロモーションさんいらっしゃ~い
3時からの特集コーナー「TOKYOもん」は江戸東京野菜シリーズ『のらぼう菜 』です!

明日もお昼1時からの「たまむすび」をお楽しみに!!!!