お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 2月8日放送分】「失敗をカウントしない」「大学を『やめる』という選択肢が無かった」 高橋成美さん▼「インスタで勉強法を公開」「ガラス黒板」 淑徳中学校・高等学校▼石井大裕×谷本魁渡×美空(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2021年2月8日(月) 放送後記

スタジオは、高校3年生の谷本魁渡(たにもと・かいと)くんと、
高校1年生の美空(みく)さんとお送りしました。


 

<高校生の主張>

毎週、番組レポーターが各地の高校にお邪魔して、

直撃インタビューをする「高校生の主張」のコーナー。

今週も、東京・板橋区にあります、

淑徳(しゅくとく)中学校・高等学校 をご紹介します。

淑徳は、教育理念に「進みゆく世におくれるな、有為な人間になれ」を掲げ、

3つのL、「Life」「Love」そして「Liberty」に根ざした

心の教育を行っている学校です。

今回は、淑徳の「ソフトボール部」を、野球経験者でもある

喜入友浩アナウンサーが取材しました。

主将で2年生、セカンドの北川綾野(きたがわ・あやの)さん、

2年生で副将、センターの若林ゆう(わかばやし・ゆう)さん、

そして1年生でショートの金田未央(かねだ・みお)さんに伺いました。
 
 


喜入友浩アナウンサー

学校の自慢や、特筆する点を教えて下さい
生徒の皆さん
「職員室のところに、『ガラス黒板』というものがあります。ガラスに水性ペンで書ける場所があり、生徒が質問する際に、紙ではなく、ガラスにそのまま書いています。そこは、いつ書いても良くて、数学の質問など、『ここがわからないです』と書くと、先生が『ここはこうだよ』と壁に書いてくれます」「地下に『アリーナ』があります。ここは体育館で、バレーボール部や卓球部、ダンス部が使っています。暖房完備の体育館は、この時期は最高です」「淑徳のソフトボール部は、インスタグラムで勉強法を公開しています。中学3年生が進路を考える時に、少しでも淑徳高校のソフトボール部の存在を知ってもらいたいと考えたからです」


ガラス黒板

 

喜入アナウンサー

皆さんの将来の目標や就きたい職業、夢を教えてください
生徒の皆さん
「情報系の大学に進みたいです。プログラミングをしてみたいです。プログラミングは難しいけれど楽しそうです。物理が好きなので、物理を使った仕事がしたいです」(金田さん) 「教員です。(どんな先生になりたいですか?)一番尊敬してる人は(ソフトボール部の顧問の)先生です」(若林さん) 「建築士になりたいです。きっかけは、自分で設計した建物が存在するというのはすごいなと感じたからです。家を見るのが好きです」(北川さん)

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。今週も

フィギュアスケートのペア選手で、ソチ・オリンピックにも出場された

高橋成美(たかはし・なるみ)さんを迎えました。


 


高橋成美さん

3歳の時に、スケート教室に通うお姉さんの影響でスケートを始めました。小学4年生時、お父様の転勤で中国に移住。中学2年生の時に帰国し、2008年の全日本ジュニア選手権で優勝、さらに、NHK杯や世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得。2012年からはシニア選手として活躍、「世界選手権」で日本代表として初めて銅メダルを獲得したほか、「世界国別対抗戦」で団体金メダルに輝き、ソチ・オリンピックにも出場されました。現役引退後の現在は、慶應義塾大学に在学中、JOC・日本オリンピック委員会のアスリート委員も務めています

石井大裕アナウンサー
現在は、慶應義塾大学に在学中ですね
高橋成美さん
今は大学4年生です。1月で29歳になったのですが、選手の頃に海外を拠点に練習していたことから、休学や復学を繰り返して2年前に引退してから2年生、3年生、4年生と学び、今年の3月に卒業します。(大学にこだわる理由はありますか?)私は、大学にこだわったっていたというよりも、「やめる」という選択肢がありませんでした。高校時代や、海外のいろいろな選手と触れ合ったりした中で、大学の4年間をきちんとした年齢で卒業することに、それほど大きな意味を見出せていませんでした。例えば、オリンピックで3位のカナダの選手は、27になってから大学に入り直して、今はお医者さんになっていたりなど、そういったケースを何も疑いなく、皆が当たり前にやっている中に居て、私はスケートを一生懸命やりたかったし、勉強したいことや研究したいことも、もちろんありました。私も実際のところ、引退した直後は「セカンドキャリア」とか「デュアルキャリア」など「どうしようかな、やはりスケートしか無いのかな」などと考えていたのですが、海外のコーチや友達に相談したら「アスリートって、勉強のプロなんだよ」と言われて、アスリートが培ってきたの練習の仕方や考え方、「トライ・アンド・エラー」を繰り返してやっていくのが当たり前という精神力って、実は、けっこう貴重なんだよという話を聞いて、「そうなんだ」と気付き、ならば勉強してみたら、もうひとつ夢を叶えられるかもしれないと思って勇気が出ました
    

石井大裕アナウンサー
チャレンジや、目標を見つけることについて、高校生の皆さんにアドバイスを送っていただけますか
高橋成美さん
チャレンジをする時に「失敗を恐れず」などということがありますが、私は、その失敗をカウントしないんですね。大学に「どうして通い続けられたか」ではなく、「大学をやめる選択肢が無かった」ので、卒業するという一択しか無く、どんなに苦労しても、そこに向かっていくしかないわけですよね。おそらく、チャレンジしているというよりも、目的に向かって「これじゃないか」「あれじゃないか」というものを、どんどん探して手を出している感じです。それが、周りから見たら「チャレンジしている」というふうに見えるようですね

 

淑徳高校ソフトボール部の皆さんの、
明るくて前向きなインタビューに、
スタジオの3人も幸せな気持ちを感じました。
石井大裕曰く「大人になっても仲良さそう」な
皆さんの活躍、応援しています!

高橋成美さん、2週にわたり、ありがとうございました。
そして、もうすぐ大学卒業ですね。
少し早いですが、おめでとうございます!

番組は、下記のバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!
放送後1週間以内、聴くことが出来ます!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210208210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、
スタジオに遊びに来たい高校生などを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

高校生の皆さんから受験勉強や学習法、
学校生活などの相談を受け付ける「受験お悩み相談」に
たくさんのお便りをお送り下さいまして、
ありがとうございました。
このたび、収録を行いました。
愛知県内の難関理系国立大学に在学中の
「祭nine.」の神田陸人さんと、
東京大学卒業の喜入友浩アナウンサーが、
皆さんからの質問に、真摯に答えました!
進行は、高校1年生の美空さんが担当!
次週・15日と、翌週の22日に放送します!
受験生はもちろん、全ての高校生や
親御さんに響く質問が盛りだくさんです。ご期待ください!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
今後、出演者の変更などの可能性もありますが、
番組は、スタジオ、取材先など全てにおいて、
じゅうぶんに感染対策を行いながら、
制作を進めてまいります。
皆さんも、手洗いやうがいなどの感染防止策を
励行しましょう!
これからもよろしくお願いいたします。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================