お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「オーディションに落ちて、学校の階段の踊り場で泣きました!」有村架純の思い出に、松本穂香も共感!

新米記者・松本穂香の研修ログ

毎週日曜日、お昼12時30分からお送りしているTBSラジオ「新米記者・松本穂香です。」。

1月31日(日)の取材相手は、女優の有村架純さんでした!

「新米記者・松本穂香です。」1月31日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210131123000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

朝ドラ『ひよっこ』で松本記者と共演し、同じ事務所の先輩でもある有村架純さん。同じ事務所なので緊張する!と言っていた松本記者。まずは恒例のワンミニッツクエスチョンから!

有村架純さんへのワンミニッツクエスチョン!


松本:2021年、お仕事の抱負を教えてください?
有村:継続する

松本:プライベートでの抱負は?
有村:丁寧に生きる

松本:役者になりたいと思ったのは?
有村:15歳

松本:特に悔しかった思い出は?
有村:フラームのオーディションに1回落ちたときに、母親から電話がかかってきて聞いて、誰も居ない学校の階段の踊り場で一人で泣いた

松本:仕事で悩んだときはどうやって解決する?
有村:1人で考える。どうしてもわからない時は先輩とかに経験談を聞く

松本:大切にしている言葉は?
有村:「温故知新」と「日日是好日」。あと監督からの「気持ちがあったら目から伝わる」

松本:有村架純流リラックス法は?
有村:運動したり、買い物したり、自分の空間=ソファとかでひたすらだらだらする

松本:最近ハマっている人は?
有村:芸人さんだったら、チョコプラさんと、ジャルジャルさん

松本:時間があればいつまででもやっていられることは?
有村:何かしら見てる。動画とか、漫画、本、録り貯めてるドラマ、映画、とか。

松本:オファーが来たら、やってみたい事は?
有村:書き物とか、やってみたいかも

良い雰囲気の有村架純さんと松本記者。ここから深堀していきます。

オーディションに落ちて泣いた

これには松本記者も同じような経験があったようで、「オーディションに応募して、受かったんだか、受からなかったんだか、フワフワした状態で、フラームに3人新人入りましたっていう事になった時に、家の下の公演で泣きました」と言うと、有村さんも「あいまいにされるんだよ」と一言。

意外にも「毎回悔しい思いをしている」という有村さん。オーディション中には、もっとこうして!あーして!と言われてパニックになって、ただポロポロ涙が出てきたり・・・。そんな経験をされているんですね。

やり続けていくしかない

2021年の仕事の目標は「継続する」。走り続けた時期を抜け、ちょっと自分と向き合う時間が増え、もっと丁寧に仕事に取り組めるようになってきた有村さんの現在。今後、何が大事か?と考えたときに、「焦らず、やり続けていくこと。(女優という仕事は)やり続けていかないと見えてこない。だから、結局、あきらめないというか、続けていくしかない。」と力強い言葉。先々、どんな女優になりたいか…というのは今はなく、続けていくことに重きを置いているそうです。そんな先輩の言葉に、松本記者は「途中で投げ出したい、と思ったことはありますか?」と投げかけ、有村さんは「ある」との答え。有村さんでもそう思うんだ!と、松本記者は安堵の表情を浮かべていました。

気持ちがあったら目から伝わる

まだまだ芝居ができていなかった頃、漫画原作やキャラクターがある役の時に、(無理に)作ろうと思ってしまっていて、「もっと普通にやって!」とすごく怒られた経験があり、その時に監督から言われた一言。これが、有村さんの芝居に対する考え方の根底に今もあるそうです。でも、ずっと同じやり方では続いていかないから、その気持ちを大事にしつつ、今はプラスアルファでできることを探して取り組んでいるそうです。

有村架純さんの人生に影響を与えた曲

『守ってあげたい』/松任谷由実』

両親が好きで、家に元々アルバムがあり、出かけるときに必ず車の中で聴いていて、ずーっとリピートで流れていた曲だそうです。そうこうしているうちに、いつしか曲が体に染み込んだのか、同じような曲調を好むようになったそうです。好みの原点はここから来ているかも…と有村さん。偶然には先日、松本記者がカバーした曲で、「女性側の男性に対する『守ってあげたい』という気持ちは珍しい」と松本記者。有村さんに「ちなみにカラオケで良く歌う曲は何ですか?」と突っ込むと、「えっ…Uruさんとか…声を出したい時はドリカムさんとか、歌ったりする」と答えていました。

この取材の模様、後半戦は、2月7日(日)の放送でお届けします!お楽しみに!

「新米記者・松本穂香です。」1月31日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210131123000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)