お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 2月1日放送分】「転校マスター」の経験が自分を形成した 高橋成美さん▼「夢を実現させるための実践四項目」 淑徳中学校・高等学校▼石井大裕×谷本魁渡×美空(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2021年2月1日(月) 放送後記

スタジオは、高校3年生の谷本魁渡(たにもと・かいと)くんと、
高校1年生の美空(みく)さんとお送りしました。


 

<高校生の主張>

毎週、番組レポーターが各地の高校にお邪魔して、

直撃インタビューをする「高校生の主張」のコーナー。

今週と来週、ご紹介するのは、東京・板橋区にあります、

淑徳(しゅくとく)中学校・高等学校 です。

淑徳は、教育理念に「進みゆく世におくれるな、有為な人間になれ」を掲げ、

3つのL、「Life」「Love」そして「Liberty」に根ざした

心の教育を行っている学校です。

今回は、淑徳の「ソフトボール部」を、野球経験者でもある

喜入友浩アナウンサーが取材しました。

主将で2年生、セカンドの北川綾野(きたがわ・あやの)さん、

2年生で副将、センターの若林ゆう(わかばやし・ゆう)さん、

そして1年生でショートの金田未央(かねだ・みお)さんに伺いました。
 
 


喜入友浩アナウンサー

創部が「1959年」ということで歴史がある部ですが、どんな特徴がありますか
生徒の皆さん
「日本一の『声』と日本一の『全力疾走』です。日本一の声は、試合の時に相手の雰囲気に飲み込まれないためと、明るい雰囲気を作り出すためです。日本一の全力疾走は、練習に入った時からずっとですね。1年生で部に加入した時はびっくりしましたが、今はすごく良いチームだなと思っています」(北川さん) 「夢を実現させるための実践4項目があります。一つ目です。練習では、日本一、キャッチボールがうまくなることです。二つ目です。試合では、最後まで集中力を切らさずに諦めないことです。三つ目です。仲間とは信頼感があって、良いところ、悪いところを指摘しあっています。四つ目は生活面です。挨拶は明るく積極的に行うことです」(若林さん)

 

喜入アナウンサー

これからの活動について教えてください
生徒の皆さん
「2020年度のチームのスローガンは『青空』です。青く明るく美しい空のように、笑顔で楽しくプレーしたいという願いと、インターハイ出場という目標を胸に掲げる『青空カラーの淑徳』を全国に知ってもらいたいっていう思いを込めました」(金田さん) 「部としての新年度の大きな目標はインターハイ出場です。そのためにも成長し続けるチームを作ってゆきます。個人的には逆転のチャンスで打てるようになることと、打率3割以上を常に維持し続けることです。3番を打っています」(北川さん)

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。

フィギュアスケートのペア選手で、ソチ・オリンピックにも出場された

高橋成美(たかはし・なるみ)さんを迎えました。


 


高橋成美さん

3歳の時に、スケート教室に通うお姉さんの影響でスケートを始めました。小学4年生時、お父様の転勤で中国に移住。中学2年生の時に帰国し、2008年の全日本ジュニア選手権で優勝、さらに、NHK杯や世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得。2012年からはシニア選手として活躍、「世界選手権」で日本代表として初めて銅メダルを獲得したほか、「世界国別対抗戦」で団体金メダルに輝き、ソチ・オリンピックにも出場されました。現役引退後の現在は、慶應義塾大学に在学中、JOC・日本オリンピック委員会のアスリート委員も務めています

石井大裕アナウンサー
高橋さんは千葉出身で、その後、中国に留学されていますね
高橋成美さん
千葉県の松戸市出身です。フィギュアスケートを3歳の時に始めて、中国の北京に、父親の仕事の転勤で行きました。これが、その後にペア選手になるきっかけなのですが、そこで一流の選手たちと出会い「ペアをやりたい」と目覚めました。中国人選手とペアを組んだことで、私は母親と2人で中国に残り、リンクに併設されている「国家隊列」というナショナルチームの宿舎のようなところで、中国人選手と一緒に共同生活をしていました
    

石井大裕アナウンサー
高橋さんの、明るくて優しく、誰とでも分け隔てなく接していらっしゃる性格は、どんなことで形成されたのでしょうか
高橋成美さん
もしかしたら、生活環境かも知れないと、最近感じています。小学校を6回、中学校を3回、高校を3回転校した後に大学に入学しています。もちろん一年ごとといううわけではなく、ひと月だったり2年行ったりとバラバラなのですが、「転校マスター」の経験は、フィギュアスケート人生にも影響というか、プラスに働きました。やっぱり、スケートは、一つの場所で、一つの技術で練習していても絶対に上手くならなくて、今、自ら海外に行く選手もけっこう多いのですが、違う先生、違う振付師さん、そして、違うスケートメンバーとして練習することで、いろいろな刺激をもらって、いろいろな表現力が付きます。そういうことを自分から率先して出来る自信ができましたね

 

高橋成美さんの明るくて前向きな性格に、
スタジオの皆が、元気をもらいました!

番組は、下記のバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!
放送後1週間以内、聴くことが出来ます!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210201210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、
スタジオに遊びに来たい高校生などを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

大学までの間、野球部に在籍していた喜入友浩にとって、
今回のソフトボール部の取材、とても楽しかったようです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
「緊急事態宣言」が発出されています。
学校取材はいずれも、宣言の発出前に済ませました。

今後、出演者の変更などの可能性もありますが、
番組は、スタジオ、取材先など全てにおいて、
じゅうぶんに感染対策を行いながら、
制作を進めてまいります。
皆さんも、手洗いやうがいなどの感染防止策を
励行しましょう!
これからもよろしくお願いいたします。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================