お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【とにかく壁紙の話】貼ったらバエる!癒しの空間 壁紙サーチ その2

赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび

「金曜たまむすび」内、14時30頃から放送している「ヤヨイ化学presentsとにかく壁紙の話」。
1月22日放送分のテーマは、『貼ったらバエる! 癒しの空間 壁紙サーチ』

素敵な壁紙によって癒しやオシャレを演出している場所を訪れ、その良さやテクニックを学んでいこうという企画の第2弾をお送りしました。

今回は、東京・目黒区駒場、駒場公園内にある、旧前田家本邸 洋館にお邪魔しました。どんな空間が広がっているのでしょう?!
ご案内いただいたのは、東京都教育庁で文化財調査を担当されている、学芸員の原眞麻子さん
そして番組でもお馴染み、インテリアデザイナーの網村真弓さんにもご同行頂き、今週は小客室、大客室をチェック!

前田家にとって迎賓の最高級のお部屋。古写真では白黒の写真しか残っていなかったので、色は温かみのあるものをチョイス。柄は古写真からダマスク柄の大きなモチーフが使われていたことが分かっていたので、それらを基準に選ばれたそうです。

網村さんも、玄関の白の間から温かみのある色使いがされた客間の雰囲気の変化にウットリ。

続いては、大食堂へ移動!

大食堂の中央にこの館最大のマントルピースがあります。マントルピースとは、居間やホールの壁につくりつけられた『暖炉』のまわりに施された装飾のこと。

マントルピースの両脇に90年前!当時から使われていた金唐紙が残されています。吸い寄せられるような美しさです…。

よく見ると、古典的な日本の鳥のモチーフが浮かび上がっています。網村さんも、この自然を取り込んだテクニックに惚れ惚れしていました。

金唐紙は当時の金色の美しさは無くなってしまっていますが、貴重な文化財ということで残されているそうです。

ということで、今週はここまで。
来週以降も引き続き、旧前田家本邸 洋館から、おしゃれな壁紙をリポートします!お楽しみに!

【今回の取材場所】
旧前田家本邸 洋館
住所:東京都目黒区駒場4-3-55 駒場公園内

◆開館時間
午前9時から午後4時30分

◆休館日
月曜日・火曜日(ただし祝日の場合は開館)
年末年始(12月29日から1月3日まで)

◆見学料 無料

なお、現在は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、旧前田家本邸洋館は令和3年2月9日(火)まで一般公開を中止しております。番組ホームページでも引きつづきご紹介していきますので、チェックのほどよろしくお願いします。

『壁紙川柳』や『壁紙にまつわる疑問・質問』なども引き続き募集しています!

宛先:kabegami@tbs.co.jp