お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

この番組、「鈴木雅之」がバズっています。

アルコ&ピース D.C.GARAGE

『アルコ&ピース D.C.GARAGE』225回目の放送。

この番組、「鈴木雅之」がバズっています。

■豊富・・・

 

オン・オフの切り替えは、出来てますか?

平子さんは、職業柄働いてないと不安になるみたいです。

「休みてぇわ〜」と言いながら、仕事があることへの感謝を欠かしません。

 

今年は、どんな一年にしましょう?

平子さん個人としては、通常時から剥けたいそうです。

ずっと剥けていたなら、どんなにステキなことでしょう。

ちなみに、酒井さんも包茎。

作家も包茎。プロデューサーも包茎。

ADは剥けてるけど、サイズが小さい。

下の悩みは尽きません。

 

クリニック系の企業の皆様。

番組のスポンサーに付いていただければ、酒井さんが手術します!

切った包皮でチョーカーも作りたいらしいです。

4週間やります!

リスナーは、もれなく包茎です。もれなく悩んでいます。

そして一歩踏み出せずにいるリスナーばっかりです!

剥けてるリスナーはいません!

 

どうですか?

 

ターゲット層、バッチリやろ!!

 

一緒におもろいことやろうや!!

■香典・・・

 

喪中の酒井さん。昨年2月にお祖母さんが亡くなりました。

そんな祖母へのお香典が昨年末に届きました。

差出人は、鶏肉の卸業者。

調べてみると、酒井さんの祖母が昔務めていた会社だったそうです。

「香典返しにカチコミ行ってくるわ」と一念発起した酒井さん。

お母さんからも「行ってこい!」と背中をバンと叩かれたそうです。

 

仕事の空き時間に、その会社へ向かう酒井さん。

受付の人に事情を説明すると、奥から出てきたのは品のいい社長夫人。

社長室に通され、少しお話をすることに。

「わざわざ来てくれて …マスク外して。顔見せて。」

顔を見せる、酒井さん。

「…似てないわね〜」

マスクを戻す、酒井さん。

 

昔話にも花が咲きます。

「もうコチコチでねぇ〜コッチコチに働いてね〜。おじいちゃんもコッチコチでねぇ〜」

コッチコチの意味がよく分かりませんが、気にせず話は進みます。

「ところで、ご職業は何されてるんですか?」

正直に、芸人と答える酒井さん。

「あぁ、そうですか〜。おじいちゃんもおばあちゃんもコッチコチなのに…」

おそらく『真面目に働く』っていう意味のコッチコチです。

 

別れ際「ちょっと待っててね…」とゴソゴソする夫人。

ポチ袋に1万円入れて渡されました。

全く売れてない芸人へのソレです。

あとでアルコ&ピースのWiki調べて、腰抜かしてるんじゃないでしょうか。