お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【ハライチのターン!】「反省のドラマ 225回目のターン!」

ハライチのターン!

TBSラジオで毎週木曜深夜0時から放送中『ハライチのターン!』
225回目の放送をお聴きいただきありがとうございました。

先週から通常放送は始まっていますが、
2021年になってからの収録は初!

改めて2021年もハライチのターン!をよろしくお願い致します。

 

【どうなる?スラムダンク】
この番組ではちょくちょく話題に上がるスラムダンク。
澤部さんが大好きなこの作品が映画化する、ということで
ションテンガリアーな澤部さん。

一方、岩井さんはスラムダンクをヤンキー漫画だと思っているので
水戸洋平や桜木軍団のケンカシーンを描いてほしいみたいです。

 

果たして物語のどの部分が描かれるのか?

もしかしたら、二頭身のギャグストーリーになるのか?
フル3CGのドラえもんみたいな感じになるのか?
クレイアニメになるのか?

一応、澤部さんはどんなテイストになっても一回は見るようです。
だって、それくらいスラムダンクが大好きだから。

 

あなたはどんなスラムダンクになると思いますか?

 

 

【ありがとう!ハライチのタァァァン!】
つまり、ハライチ的には年越し特番以来のラジオ。

新人記者・松本穂香さんがアシスタントを務め、
カウントダウンは謎の猫が乗っ取り、
バナナマンさんが乱入したり、
初夢!妄想学園ターン分校は思いがけずギャルゲー感が出たり…
いろいろありました。

中でもリスナーの皆さんが気になったのは、
新人記者・松本穂香です。出張版でやった、
ワンミニッツクエスチョンの澤部さんの激薄回答。

芸人にあるまじき「ないです」と答える澤部さん。

それはもはや、しゃべっているけど無音に等しい無駄な時間。

 

今後、ワンミニッツクエスチョン的なことを
澤部さんに仕掛ける場合は、気をつけてください。

 

 

【あるある延長戦】
そんな年越し特番では、プレゼントの応募を兼ねて
時の共有恒例となったあるあるネタを募集しましたが、
めちゃくちゃたくさんのメールをいただきました。

本当にありがとうございます。

なかなか数を紹介できないのは申し訳ない、ということで
少しながらですが、今回の放送でもピックアップしてご紹介。

 

深夜あるある、ホームセンターあるあるは
和気藹々とやっていましたが、
謎のゾンビ犬あるあるになると2人に温度差が。

今後もゾンビ犬の話はしたくない澤部さんに、納得のいかない岩井さん。

そんなあるあるが続いたからか、
CM明けも、メールの質問から外れてファミレスあるあるで盛り上がる2人。

もし、ハライチに伝えたいファミレスあるあるがあれば、送ってください。
きっと2人は喜びます。

そのほか、なんでもメールを24時間受付中です。

受付メールアドレスは  ht@tbs.co.jp

皆さんからのメール、お待ちしています。

※件名に何宛か書いてもらえると助かります。
※次回の放送に間に合わせたい場合は
火曜日の朝までにメールを送ってください。

 

【今週の澤部さん】
お正月は家にいた澤部さん。
録画した年末年始の特番を見たいし、相葉雅紀さんから借りた漫画も読みたいし、
日本版24も見たいし…やりたいことはたくさん。

そんな中、新しく発売された桃鉄を購入したので、
奥さんと童貞コンピューターと一緒にプレイ。

 

貧乏神にめちゃくちゃお金を取られるボンビラス星に
連れていかれる奥さんを見て複雑な気持ちになり、
2人で結託してコンピューターに復讐し…

そして奥さんにちょっかいを出そうと攻撃系カードを
仕掛けようとするも、嫌われないかビビってしまい
攻撃カードの使用許可を求める謎行動に出る澤部さん。

 

勢いに乗って差を広げ始めると奥さんがいじけ、
謝罪してピアスの穴を開けた奥さんを褒めてご機嫌とり。

一方、数時間だけ実家に帰りそばを食べたり。

 

こんな色々とやっていたら、結局すべて中途半端なまま
お正月が終わったそうです。何も成し遂げられない澤部さん。

今年は桃鉄離婚だけはしないように気をつけます。

 

 

【今週の岩井さん】
お正月も休みなく働いていた岩井さん。

年明け早々にNHKのドラマ
「今ここにある危機とぼくの好感度について」の撮影がスタート。
大学内の教授のごたごたを描いたこの作品、

主演は松坂桃李さん。しかも、同じシーンがたくさん。

 

その日は松坂さん、そして高橋和也さんと一緒のシーン。
しかも自分は長台詞。

難しい言葉が多い長台詞はもちろん、松坂さん、高橋さんという
イケメンを前に演技するのは、もはや無理ゲー。

演技をする、というよりは暗記したセリフ発表会。
丸暗記をしているので、助監督から少し演技指導が入ると頭は真っ白。

本番になっても無意識にセリフを言っているが、何もわからない。
どういう状況?やばいやばいやばい…と上の空のままNG連発。

監督自ら声をかけに来て、松坂さんは優しくフォローしてくれますが、
できない人のレッテルを貼られ落ち込む岩井さん。

はい、もう反省のドラマ!

 

次はしっかりしようと台本を読み込み、
どんな流れでなぜこのセリフを言っているのか
理解しようとしても、結局丸暗記。

ドラマは難しい。役者はすごい。
そんなことを痛感したそうです。

 

今週はそんな放送でした。

 

もう一度トークやコーナーを聴き直したい方は
radikoのタイムフリー機能で聴き直すことができますので、
ぜひご利用ください。

 

さらに!スマートフォンアプリ「TBSラジオクラウド」で配信している
アフタートークでは、本編では話せなかった特別な内容を配信中!
今回は、年末年始の出演番組を振り返っています。

 

 

それでは、また次回のターンでお会いしましょう!

 

 

▼現在生き残っているコーナー紹介▼
※4週目まで生き残ると、正式なコーナータイトルがつくのが通例となっています。

※現在、本編にコーナーはありません。
新たに生まれ次第、こちらでご紹介します。

 

(ラジオクラウド 内コーナー)
★みゆきぃぃeeeee!
岩井母による「みゆきぃぃeeeee!」のような
ポンコツゲーム実況の様子を教えてください。
誰が、どんなゲームで、どんなポンコツっぷりを
発揮していたか送ってください。