お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「鋼の美学・ザ・movie」

高見沢俊彦のロックばん

今年から新しく加わった山本特殊鋼株式会社さんとのコラボ・コーナー

「鋼の美学・○○」!

今月の特集は「movie(映画)」です!

社員さんからおススメの作品を教えてもらい、
その理由、エピソードなどをご紹介します。

今回の作品は・・・

 

ダークナイトです!

2008年公開、クリストファー・ノーラン監督
クリスチャン・ベイル(バットマン)、ヒース・レジャー(ジョーカー)。
『バットマン ビギンズ』の続編で、シリーズで初めてタイトルからバットマンを外し、
新たな世界観を広げたダークな展開。

悪がはびこるゴッサムシティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)や、
ハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、
バットマンは街の犯罪撲滅の成果を上げつつあった。
だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭によって、
街は再び混乱と狂気に包まれていく。

バットマンは、あらゆるハイテク技術を駆使しながら、
信じるものすべてと戦わざるを得なくなり・・・。
ジョーカーを通して、モラルの境界で揺れる無意識を際立たせている作品。

この作品をおススメして頂いたのはK・Mさん。

曰く・・・

正直、全く期待しないで映画館で鑑賞したのですが、
 見終わったあと、自分のベスト・ムービーになりました。
 ヒース・レジャー演じるジョーカーが完全に主役を食っていて、
 清々しいくらいの悪っぷりや、ビルの爆破シーンなど、
 ダークで迫力のある映像の連続に、心奪われました。」とのこと。

この作品はTakamiyも大好きな映画。

語り出したらまあ、止まらない止まらない・・・ww

(熱のこもった映画票は是非radikoタイムフリーでお聞きください。
驚きの曲フリもありますよ~!!)

TBSラジオ(1/10放送分)