お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ハセンの知られざるルーツ。そして久保田智子が語る特別養子縁組

週末ノオト

TBSラジオからバービーがお送りする「週末ノオト」(毎週土曜13:00-14:55)

2021年初の生放送。1月9日から番組がリニューアルしました。
TBSアナウンサーが、週変わりのパートナーに!

1週目「国山ハセンアナウンサー」
2週目「山本恵里伽アナウンサー」
3週目「藤森祥平アナウンサー」
4週目「高畑百合子アナウンサー」

5週目がある月5月・7月・10月のパートナーについては未定。そのとき考えます!

国山ハセン「父親について考えてみた」

1時台の新コーナー、アナウンサーコラム「〇〇について考えてみた」。今回は、ハセンさんの「家族」についてのお話。

母は神戸出身。父はイラク出身。

ハセンさんは東京で生まれますが、仕事で世界を飛び回る父は単身赴任で、父親と一緒に暮らしたことは、ほとんど無かったんだとか。

さらに、父親は、日本語が話せず、アラビア語と、片言の英語。一方でハセンさんは、日本語。会ったとしても、父とコミュニケーションをとる術がない。

ハセン :自分で父と会話するために英検を取ったり、塾に行ったり。なんなら母が、アラビア語の通訳をしてくれて、僕と父はコミュニケーションを取っていたわけですよ。

バービー:へぇーーー

ハセン :でもそれじゃ足りないということで、大学になって短期留学をしたり。社会人になって英会話スクールにも通いました。

バービー:英会話スクール…!?

ハセン :そこでようやく、父とコミュニケーションがうまく出来るようになって。落ち着いて二人で話す時間…幼少期にできなかった事を今…

父と母の物語など、知られざる国山ハセンのルーツは、radikoのタイムフリーで。

2時台は久保田智子さんをお迎えして

2000年、アナウンサーとしてTBSに入社。2016年、ニューヨーク駐在の夫と生活するため、TBSを退社されました。退社後は、大学・大学院で、戦争や被爆体験の伝承活動をされていたそうです。

先月、TBSのジョブリターン制度を利用して、TBSテレビの報道局に復職。それとともに注目されたのが「ニューズウィーク日本版」でお子さんを抱っこしている姿でした。
久保田さんは2019年、生後4日目の赤ちゃんを「特別養子縁組」で養子に迎え、母親になったのです。

久保田 :最初にバービーさんが言っていた「特別養子縁組で子供を迎えたことを、どういう風に質問していいのか分からない」っていう…

バービー:うん

久保田 :私も友だちに言って「なんと言っていいかわからない」と言う人がとっても多いなと感じたんです。「なんでかな?」と思ったら、やっぱりこんなに幸せなんですってストーリーがまだ社会にあんまりないのかなって感じたんですね。

バービー:ほんとですね…

久保田 :どちらかと言うと、「可哀そうなんじゃないか」って思われてるのか…。それで声がかけられないのかもしれないなぁという風に思いまして、『そうじゃない、こんな幸せな選択なんですよ』と分かってもらうためにも、こういうストーリーがあるんです、こんな幸せがあり得るんですっていう事が伝えられたとしたら、すごく良いなと思います。

全編はradikoのタイムフリーで聴いてみて下さい。

来週1月16日のパートナーは、山本恵里伽アナウンサー。
ゲストは、『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』著者・岸田奈美さんです。