お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「パラサイト半地下の家族」は「シュリ」からの韓国映画20年の歴史で捉え直そう

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」。今回は…『パラサイト 半地下の家族』は一日にしてならず! 韓国映画が超ヤバくなってきたこの20年間のヤバい作品をおさえて、あらためてヤバがる特集 」


1999年「シュリ」から始まる韓国映画レボリューションが2020年「パラサイト」で頂点を極め、そのクオリティがヤバいことになっている昨今。映画やドラマなど、今、韓国の作品のヤバさを痛感している人もいると思いますが、なぜこんなヤバくなったのか?
それには数々のヤバい作品、ヤバい俳優、ヤバい監督が
いたからなのです!
ということで、マ・ドンソク、ソン・ガンホの魅力や、韓国の重要監督キム・ギヨンの話など、
、ここ20年の韓国映画の要点をおさえていく特集!案内人は、映画業界イチ・ヤバい映画雑誌「映画秘宝」編集長の岩田和明さんと、

編集部で韓国映画に精通する岡本敦史さんに伺いました!

1月8日(金)発売の宇多丸、宇垣美里も寄稿した
『別冊映画秘宝 決定版 韓国映画究極ガイド』を読むべし!