お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

Amazon Music、1月11日(月)より TBSラジオ「生活が踊る歌」の独占先行配信を開始 音楽ジャーナリスト・高橋芳朗、ラジオパーソナリティ・ジェーン・スーが「今、聴きたい『生活が踊る歌』」を紹介

ジェーン・スー 生活は踊る


1月11日(月)より、日本初のAmazon Musicエクスクルーシブ ポッドキャスト番組「生活が踊る歌」を独占先行配信いたします。ジェーン・スーがパーソナリティを務めるTBSラジオの番組「ジェーン・スー生活は踊る」をもとに制作される30分番組です。毎週月曜日17時に新エピソードがAmazon Musicより配信されます。

番組内では、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗が“踊りたくなるような、今、聴きたい曲”をジェーン・スーと共に紹介していきます。単なるプレイリスト紹介にとどまらず、その曲に隠された秘話、曲が生まれた社会的背景などを詳しく解説し、ラジオ放送では聞けない、ポッドキャストならではの少しディープな音楽話をお届けします。

日本初のAmazon Musicエクスクルーシブ ポッドキャスト番組を記念して、初回は、エピソードを2本一気に公開します。初回2本では、本番組の紹介エピソードとして、前編・後編に分けて、高橋芳朗とジェーン・スーが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、”STAY HOME”期間など社会及び生活も大きな変化があった2020年の邦楽と洋楽シーンを振り返ります。2021年に入ってもまだ関連のあるアメリカ大統領選、ブラック・ライヴズ・マターなど2020年におきた情勢と、それから発生した楽曲についてラジオ放送では語られない深堀をします。

さらに、同番組で紹介される高橋芳朗が選曲した楽曲をAmazon Musicにて「生活が踊る歌 Playlist」プレイリストとして提供します。このプレイリストは、エピソード毎に作られます。

ホストのお二人は以下の通りコメントしています。

ジェーン・スー:
「背景や歴史を知れば知るほど楽しくなる、それがポップ・ミュージック!音楽ジャーナリスト、高橋芳朗さんのわかりやすい解説で、リスナーのみなさんの音楽ライフを踊らせてもらえたら幸いです!Amazon Musicで独占先行配信です。プレイリストとともにお楽しみください!」

高橋芳朗:
「TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』の音楽コーナーから派生した出張版ポッドキャストがAmazon Musicの独占先行配信で始まります!最新の音楽情報はもちろん、社会情勢や映画に関連した音楽解説、時候や年中行事に則した名盤/名曲ガイドなど、パートナーのジェーン・スーさんと共にさまざまな切り口で音楽を紹介していく予定。まさに皆さんの生活が踊り出すような、新しい音楽の出会いの場になれば幸いです。僕が選曲したプレイリストと共にお楽しみください!」

ポッドキャスト:生活が踊る歌
配信日時: 1月11日(月)17時
https://music.amazon.co.jp/podcasts/b87137e8-542f-4d39-9404-ae9feff33e94

プレイリスト:生活が踊る歌 Playlist – TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」
配信日時: 1月11日(月)17時
https://music.amazon.co.jp/profiles/lk4hihachzofrkyopuhkjjjvxq?ref=dm_sh_WLrc9lCKqPCaWBbtjUB2Dtb2J


ジェーン・スー プロフィール
1973年、東京生まれ東京育ちの日本人。作詞家、ラジオパーソナリティ、コラムニスト。音楽クリエイター集団agehaspringsでの作詞家としての活動に加え、TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」でパーソナリティを務める。著書に「今夜もカネで解決だ」(朝日新聞出版)、「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」(ポプラ文庫)、「ジェーン・スー相談は踊る」(ポプラ文庫)、「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」(幻冬舎文庫、第31回講談社エッセイ賞受賞)、「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」(文藝春秋)など多数。


高橋芳朗 プロフィール
音楽ジャーナリスト。1969年生まれ。東京都港区出身。TOWER RECORD発行のフリーペーパー『bounce』~ヒップホップ/R&B専門誌『BLAST』編集部を経て、2002年からフリーの音楽ジャーナリストに。エミネム、ブラック・アイド・ピース、カニエ・ウェスト、ビースティ・ボーイズらのオフィシャル取材の傍ら、マイケル・ジャクソンやレディ・ガガ、『FREESOUL』シリーズのライナーノーツも手がける。共著に『ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない』 『R&B馬鹿リリック大行進~本当はウットリできない海外R&B歌詞の世界~』など。

Amazon Music について
Amazon Musicは国内外問わず、新譜から旧譜まで、豊富な音楽セレクションをiOSやAndroidのスマートフォンやタブレット、パソコン、Fire タブレットやAmazon Fire TVシリーズに加え、Amazon Echoシリーズを含む Amazon Alexa搭載デバイスを通して、提供しています。音楽配信サービス Prime Musicでは、プライム会員特典として、追加料金なしで200万曲の楽曲を広告なしで楽しむことができます。プレミアムな定額制音楽配信サービスであるAmazon Music Unlimitedでは、新曲を含む 7,000万以上の楽曲を提供。新たな高音質の配信サービスである Amazon Music HD は、HD 楽曲を7,000万曲以上、Ultra HD楽曲を500万曲提供します。また、Amazonアカウントがあれば、広告付きのプレイリストや数百のステーションを無料でお楽しみいただけるサービスも開始しました。Amazon Musicの全サービスで追加料金無しでお聴き頂けるポッドキャストを配信しています。音楽とカルチャーの体験がこれまで以上に簡単で楽しくなりました。詳しくは、www.amazon.co.jp/amazonmusicまたは無料のAmazon Musicのアプリをダウンロードしてください。