お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 あなたは “コロナ慣れ ”の自覚がありますか?

森本毅郎 スタンバイ!

1都3県に再び緊急事態宣言が発令されましたが、そんな中、7日の朝日新聞にちょっと目を奪われた全面広告がありました。小さい女の子二人が机を拭いている白黒の写真で、「言われなくても、やってます。」という文字と、「感染拡大は、個人の責任だそうです。」というメッセージが載っていました。(宝島社の広告)対策が後手後手の政府への皮肉、はもちろんですが、一方で個人の危機意識が下がってしまっている印象もあり、「コロナ慣れ」という言葉も出てきています。良くも悪くも皆がコロナに慣れた現状も。そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時30分過ぎからは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、202年1月8日(金)は、金曜日恒例サラリーマンの声。『あなたは “コロナ慣れ ”の自覚がありますか?』というテーマで街でお話を伺いました。

 

近堂かおりの現場にアタックhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210108073832

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

 

★コロナ慣れの自覚あります・・・

●「うーん、ありますね。慣れてきたっていうのは。あまり気にしなくなった。だから、前の生活に戻りつつある。段々、前の生活に戻った方が生活しやすい、会社に行きやすい、仕事しやすい、大分、皆さん、慣れているから、自分もなんかそれに流されている感じがありますね。」
●「結構ね、やっぱり、飲みに行っちゃいますね。長時間じゃないんですけど、そんなちょくちょくじゃないんですけど、たまにやっぱり行っちゃいますね。慣れですかね、やっぱり、本当はいけないんでしょうけどね、いや~、気持ちは変わっていないけど、たぶん、長いからダレちゃっているんですよね。もうホラ、いつまでとか決まっていないじゃないですか、ね、先、見えないし。」
●「そうですね、一部は慣れています、やっぱり。たまに、マスク忘れたり、何もしないで酒飲んでたり、体温計とか全部、持たされましたけど、その後は全然、測ってもいないし、何もしないとか、会社に営業に行っても、今まではアルコールを手であれしたり、そういうのもしてましたけど、なんか、ならないなら平気かなという感じで消毒の部分も気を付ける部分は少なくなってきてるかなってところでは慣れちゃっているのかなっていうのはありますよね。」

「慣れちゃっている」「流されている」「ダレちゃっている」という言葉が出てきました。気持ちは分かりますが、ちょっと気が緩んでしまっていますね・・・。こういう現状では感染拡大に歯止めが掛かりにくいですよね。

★恐怖心が薄らいでるかな・・・

ただ、こういう方々だけではありません。こんな声もありました。

●「慣れはやっぱり、多少なりともあるかなって気はしますけどね。慣れというか、恐怖心がちょっと薄らいでいるという意味で、マスクしたり手洗いとかうがいはもちろんするんですけど、恐怖心がちょっと薄れている。感染予防を疎かにするっていうことでは絶対になくて、出来る事はやっている。ただ、怖がっているだけだと今度生活できなくなってしまうんで、最低限を守りつつ仕事もしなきゃいけないので。」
●「確かに、在宅があまり出来てはないという自覚は若干あるんですけど。最初の頃って、何がどういう風に感染するか分からなかったのが今、別にドアを触っても感染しないとかって、そのレベル感がだいぶ違ってきているので、そう意味ではビクビクすることが少なくなってるかなとは思います。今の出来る範囲というのはあまり変わらないかなと、テレビとか新聞で出てることについては自分では守っているつもりなので、そこはあまり変化はないとは思うんですけど、ただ、これ以上増やさないことを自分の家で何か出来るかというとクエスチョンですね、分からないです、正直。ただ、気を付けたいとは思っています。」

確かにコロナに関する情報が増えた分、恐怖心が薄らいだというのは分かりますよね。
「三密は避けましょう」「手洗いうがいで消毒しましょう」「マスクを着けましょう」
基本的には、これらを守っていれば、コロナに感染しないんでしょ!?と思う心理が働きますから。もちろん、慣れの中でも、最低限の予防対策を取っている人は多いと思います、ただ、これ以上、何をやったらいいか分からないという正直な声もありました。

★改めて気を引き締めたところです

そして、最後にこういう声がありました。

●「最近はやっぱり、春先よりも皆慣れてきちゃっているのかなって、私、春先とか夏くらいまでは床屋さんとか行かなかったんですけど、最近は普通に行っちゃっているんで、ただ、最近家でもマスクはするようにしています。この数日前から。家族が、娘が大学で都内に通っていたりして、その学校でコロナが出たりして、年末に娘にPCR検査を受けさせたりもしたので、それからやはり最近は、さらに増えているじゃないですか、その辺では家族みんなでここに来てまた意識し始めている、以前よりは。たまたまキッカケがあったので、実際私も今月末にPCR検査の予約をさっき取ってきたところなので、自覚症状があるわけではないですけど、ちょっとやっておこうかなと。出来る限りの最低限自分で出来る対策をしていこうかと今思っています。」

改めて、気を引き締め直したのだそうです。お嬢さんが通っている大学でコロナの感染者が出たのをキッカケに、危機意識のレベルが上がりました。今回の緊急事態宣言が、みんなのそういうキッカケになるといいのですが。

長引いているので、コロナ慣れして、危機意識が下がってしまっているのは十分に理解できますが、個人個人が今一度、危機感を持って気を引き締めないといけませんね。