お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


環境キャンペーン 橋本淳司さんと「水」を考える

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

TBSラジオは今週、「環境キャンペーン」を展開しています。

いろいろな番組で、環境問題について広く取り上げ、

ラジオをお聴きの皆さんが、環境のことについて考える機会を

得ていただけましたら幸いです。

「伊集院光とらじおと」「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」では

15日・金曜日に、水ジャーナリストの橋本淳司さんを迎えました。

IMG_1621hashimoto^san

大学卒業後、会社員を経て独立した橋本さんは、水問題に関する

専門家として活躍されています。

日本、そして世界各国の「水にまつわる現場」を取材し、

水の大切さや、資源枯渇の現状などを伝えているほか、

学校、大学での講師も務めていらっしゃいます。

15日の放送では、「浄水場巡り」をしていた頃の思い出や、

世界の水にまつわるお話し、水ジャーナリストの仕事について、

そして日本の水源林が買収の危機にあるという警告など、

様々な観点から「水の大切さ」について伺いました。

 

橋本淳司さんの著書

「100年後の水を守る ~水ジャーナリストの20年」は、

文研出版から、本体価格1400円で発売中です。