お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ライムスター宇多丸のシネマランキング2020、第1位は…「透明人間」!

アフター6ジャンクション

ラッパーにしてラジオDJ、そして映画評論もするライムスター宇多丸が、ランダムに最新映画を自腹で鑑賞し、生放送で評論するのが、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」の人気コーナー「週刊映画時評ムービーウォッチメン」(金曜18時30分から)。

2020年に扱った50本の映画の中から宇多丸のトップ10を発表する、前番組から続く年末恒例人気企画「ライムスター宇多丸のシネマランキング」。
12月25日(金)の生放送内で発表されたランキング、1位に宇多丸が選んだのは………鑑賞直後から大絶賛だった「透明人間」でした!!!

トップ10の順位や、ランキングとは別にピンポイントで映画を称える部門賞「ゴールデンタマデミー賞」は以下。

本人解説トークはこちらで。

この日はさらに、研究者・批評家・北村紗衣さんのシネマランキング2020トップ5、山本アナのトップ10、も発表!

■研究者/批評家・北村紗衣さんのシネマランキング2020トップ5
1位.ハーレイ・クインの華麗なる覚醒
2位.ハスラーズ
3位.幸せへのまわり道
4位.ペイン・アンド・グローリー
5位.Float Like a Butterfly(日本未公開)

■山本アナのシネマランキング2020トップ10
1位.ブルータル・ジャスティス
2位.パラサイト 半地下の家族
3位.ミッドサマー
4位.1917 命をかけた伝令
5位.リチャード・ジュエル
6位.グッド・ボーイズ
7位.ボーダー 二つの世界
8位.異端の鳥
9位.透明人間
10位.アンカット・ダイヤモンド

ゲストの5位以下のランキングや、スタイリスト伊賀大介さん、放送作家・高橋洋二さん、アトロククルーのシネマランキングは「別冊アフター6ジャンクション」で。

++++++++++++++++++++++++++++++