お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記】「ほら!ここがオズワルドさんち!」ありがとうございました!

ほら!ここがオズワルドさんち!

伊藤「お世話になっております。伊藤と」
畠中「畠中で」
伊藤「オズワルドです。よろしくお願いいたします。」

いつもの漫才の挨拶ではじまりました。オズワルドの冠特番「ほら!ここがオズワルドさんち!」(TBSラジオ)。

2年連続ファイナリストとなった「M-1グランプリ」から1週間。12月27日の深夜1時から生放送でお送りしました。

この特番は、昨年10月に開催した「マイナビLaughter  Night 第6回チャンピオンLIVE」の優勝特典。

 

畠中命名の番組タイトル「ほら!ここがオズワルドさんち!」が独特なせいで、タイトルコールの仕方だけで数分揉めるスタート。

M-1から一週間、昨年同様に仕事が増えない現状を嘆く伊藤。

伊藤「ほんとうに仕事増えてほしいわ。大食いでもなんでもやるから!」
畠中「これはNGってある?」
伊藤「虫だね」

業界の皆さん、虫関連以外の仕事はなんでもやるそうなのでオファーお願いします。

「伊藤さんち 畠中さんち 家族対抗大喜利!」では、それぞれの家族が大喜利で対決。畠中のおじいちゃん・利三郎の無双状態!

そのほか、4行漫才コーナー「畠中なんだってさー!」、畠中による珍説コーナー「教えて!ヒティニキ先生!」もたくさんのメールを頂きました。

1週間限定で、radikoのタイムフリーでお聴きいただけます。

ほら!ここがオズワルドさんち! 20年12月27日(日)https://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20201228010000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

 

エンディングは、コロナ禍でギターで曲作りを始めたという畠中のオリジナルソング「コンビニエンスマン」を生歌で披露。ギターは作家の平島さん。

これがまさかの名曲。味のある歌声。

伊藤「コロナが生んだ天才ですわ!

生歌のアウトロをBGMに、いい雰囲気のままお別れ。一旦やめさせてもらいます。

 

皆さん、オズワルドさんちに寄って頂きありがとうございました!