お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

筒美京平さんの名曲特集 アイドルの名曲たち

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今週は、今年の10月に他界された、筒美京平さんが手がけた様々な名曲をご紹介しています。

1960年代の後半からヒットメーカーとして走り続けた作曲家で編曲家の筒美京平さん。1980年代に入ると、様々なアイドルに楽曲を提供し、再び黄金時代を築きます。今朝は数あるヒット曲の中から、1980年代の女性シンガーの名曲をご紹介しました。

スーパーアイドル小泉今日子さんの1984年のヒット曲「ヤマトナデシコ七変化」は、作詞家の康珍化さんとのコンビで生まれたダンサブルな楽曲。このほかにも、筒美京平さんは秋元康さんとのコンビで 「なんてったってアイドル」など、小泉今日子さんの様々なヒット曲を手掛けました。

中山美穂さんの1986年のヒット曲「WAKUWAKUさせて」は、筒美京平さんは作詞家の松本隆さんとのコンビでデビュー曲の「C」や「ビーバップハイスクール」、「ツイてるねノッてるね」などを担当。この「WAKUWAKUさせて」は筒美京平さんが手掛けたダンスナンバーの中でも、最高傑作とも言われています。

最後は、2005年に38歳の若さで旅立たれた本田美奈子さんの1986年の名曲「1986年のマリリン」です。本田さんご自身の希望で、マリリン・モンローのようなセクシーな楽曲になったという事です。作詞家の秋元康さんと、筒美京平さんのコンビで生まれた名曲「1986年のマリリン」。のちにミュージカルスターとして活躍される本田美奈子さんの魂の叫びのような熱唱が心にしみますね。 


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。