お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

台湾注目のバンド「緩緩」が海外からリモートで蔵出しライブ音源披露【台湾音楽シーン最新状況も】

アフター6ジャンクション

注目のアーティストが日替わりでエクスクルーシブなスタジオライブやDJプレイをカマしてくれる贅沢ミュージックゾーン「LIVE & DIRECT」。こんな時だからこそ、DJ、外部スタジオ、録音LIVEなど、ありとあらゆる手段を駆使して、活きた音楽を伝えていきます。12/16 は…台湾の3人組インディー・ポップ・バンド「緩緩(ホァン・ホァン)」!

ヴォーカル/ギターでソングライターのココ・シャオを中心とした台湾・台北出身のスリーピース、インディー・ポップ・バンド。台湾の5人組バンド「サンセット・ローラーコースター」などから影響を受けた音楽は、台湾で「都市生活における日々の微かな癒し」と評判に。2017年にEP『緩緩』でデビューし、2019年に2nd EP『Charlie』をリリース。2020年11月には待望の1stフル・アルバム『Water Can Go Anywhere』を発売。

台北にいるメンバーとリモートでやりとりしながら、蔵出しライブ音源を披露いただきました。通訳をしてくださるのは、毎度お世話になっているバンド「For Tracy Hyde」の「夏bot」さん。

「緩緩の蔵出しライブ音源」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20201216190000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)