お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2020年、日米のラッパーは何を歌った?【磯部涼、渡辺志保が今年のHIPHOPを分析】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」。今回は… 

「2020年、アメリカと日本のヒップホップはこうだった振り返り会議!by磯部涼、渡辺志保

コロナ、BLM(ブラック・ライヴズ・マター)、アメリカ大統領選など、大いに揺れた世界とアメリカ、そして日本。
激動の一年、社会をヴィヴィッドに反映するラップ・ミュージックは、いったい何を歌ってきたのでしょうか?

音楽ライターの磯部涼さん、渡辺志保さんと供に、2020年を振り返っていきました。

・Black Lives Matterとアメリカ大統領選
Public Enemy 「 Fight The Power (2020 Remix) feat. Nas, Rapsody, Black Thought, Jahi, YG & QuestLove 」

・コロナ禍とSNS
lil beamz – 「Light Speed DIO」

・2020年を締めくくる曲
BAD HOP – Suicide Remix feat. Tiji Jojo, Hideyoshi & Jin Dogg

他にもBGMとして様々な曲をオンエア!!