お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【告知】ゲストは高校野球ブラバン応援研究家・梅津有希子さん▼メッセージテーマは「夏が来れば思い出すこと」 7月17日(日) 10:00~『安住紳一郎の日曜天国』

安住紳一郎の日曜天国

安住紳一郎の日曜天国

 

 

 

 

 

 

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」

▼7月17日(日)は、ゲストに高校野球ブラバン応援研究家・梅津有希子さんをお迎えします!

▼メッセージテーマは「夏が来れば思い出すこと」です。

ちなみに、にち10スタッフの「夏が来れば思い出すこと」は…

「虫が好きだった私と弟。小さい頃、近所の公園に罠を仕掛け、捕まえたコクワガタを飼っていたが、ある日、脱走…。おばあちゃんがゴキブリと間違えて殺虫剤で…。弟と2人で大泣きした」
(20代♀・おでかけリポーター)

「小学3年生のとき、夏休みの自由研究で“さびの実験”をした。くぎ・画鋲・10円玉等を、水・お酢・醤油等に入れ、さびの進行具合を見る…というもの。実験初日、偽造硬貨を発見。交番に持っていったところ、おまわりさんがとても優しく教えてくれた。『ギザ十』だった」
(40代♂・構成作家)

「小学生のとき、お盆には親戚が祖父母の家に集まり、テレビ放映される『火垂るの墓』を観るのがお約束だった。私は戦争映画を観るのがツラくて家出。小さな町は少年が消え大騒ぎに。後でこっぴどく叱られた。33になった今も、この家出を思い出すので、やっぱり『火垂るの墓』はツラい」
(30代♂・プロデューサー)

「数年前に蚊取り線香を買ったが、2つ抱き合わせになっているロールを引き剥がすのに失敗して、いつも少しづつ火をつける羽目になる。その蚊取り線香がまだどこかにあるなと、毎年思い出すが、そっと忘れている」
(40代♂・ディレクター)

「小さい頃、夏休みに祖母の家に遊びに行くと、庭で水遊びするのが恒例だった。庭には立派なクモの巣がたくさん張っていて、水をかけると、水滴がクモの糸に引っかかってキラキラして見えるのが綺麗で遊んでいたが、今思えば、怖い…。あれだけ立派な巣が張れるクモがたくさんいるところで、裸同然で遊んでいたことが…」
(30代♀・アシスタントディレクター)

「中3の夏、水泳の時間に体育の梅津先生が男子だけを集めてこう言った。『競泳水着は、他人の方がモッコリしているように見えるもの。自分のを見ると角度的に小さく見えるが、他人には意外にモッコリと見えてる。安心しろ!』今でも先生の言葉を信じている」
(30代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、にち10オリジナルポストカード
その三十一「安住之変様四季次第 夏」をお送りします。

Let’sハッスル!

Array ImgEater1.0.7,Columns=7016,Rows=9933,Bits Stored=8,Pixel Spacing=0.0846666641235352.084666664123535