お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

今週はドリキンの土屋圭市さん2周目。プロレーサーに求められるのは?

UP GARAGE presents GARAGE HERO’s~愛車のこだわり~

車ラヴァーの安東弘樹が朝から車について熱く語る「カーマニア」向けのプログラム。
今週も先週に引き続き、ゲストはドリキン(ドリフトキング)の異名を持つ土屋圭市さん
峠の話、そして今のレーサーに求められることなど伺いました。

<土屋圭市と峠>

土屋圭市さんといえば「碓氷峠」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
当時、峠で腕を磨いてレーサーになった土屋さんですが、やはりその努力はハンパない!

峠デビュー当時に乗っていたマシーンは、ハコスカ。
でも溝に落ちたり田んぼに落ちたり・・・
このままでは憧れの「高橋国光」さんにはなれないと思い、ハコスカ売ったお金でサニーを2台購入。
1台はレース用、1台は普段乗り用としてサニーをとことん極め、レーサーへの階段を上がっていきました。
このエピソードだけで、今のレーサーとは根本が違うことが分かりますよね。

で、「碓氷峠」デビュー当時の話。
当時、碓氷峠には、全日本ダートトライアル選手権 · 全日本ジムカーナ選手権などで名を馳せた「キャロッセ」というラリーチームが走っていたそうです。
そのチームから「危ないから走んないほうがいいよ」と言われて土屋さん、ゲキギレ!
「絶対にあいつらをギャフンと言わせてやる!」と、キャロッセ軍団が走り終えた後、毎晩、雪道の碓氷峠を走り、特訓。
その結果、2年目にはキャロッセに着いて行くことができるまでになったそうです。
基本「負けず嫌い」な土屋さん。
でも結果、一流のレーシングドライバーへの道を歩むことになるわけですから、凄いですよね〜

<土屋圭市と鈴木亜久里>

土屋圭市さんと鈴木亜久里さん。
共にライバルであり、良き友でもある2人ですが、この2人の会話でよくあるのが「人生って、運とツキと流れでできているよね
この2人はその「3つ」に恵まれているんだろうなと話します。
土屋さんも憧れの高橋国光さんとの出会い、レースでの出会いなど、人との巡り合いは全てこの「3つ」に恵まれているからだろうな、と話します。

<今のレーサーに求めること>

モータースポーツ普及のため、今も精力的に活動されている土屋圭市さん。
そんな土屋さんに、今のモータースポーツ、レーシングドライバーはどう映っているのでしょうか?

「今のドライバーは可哀想だ」
土屋さんが現役レーサーだった頃、タイヤテストの時間もしっかり取れて、予選前もしっかりコースを走ることができた。レーサーとしてとても恵まれている環境にあった。
でも今は土曜日にレース場に入り、少し走ったらすぐに予選、決勝。
普段はシミュレーターでの練習くらいしかできない・・・
そんなドライバーも少なくないそうです。

そんな環境ですが、それでも結果が出せるドライバーは・・・?
詳しくは、タイムフリーをチェックしてくださいね!

今週もドリキンの土屋圭市さん登場!http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20201129090000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

<来週はロンドンブーツ1号2号の田村亮さん登場!>

来週のゲストはロンドンブーツ1号2号の田村亮さん登場
カスタム小僧としても知られる田村さんの「車へのこだわり」をとことん伺います!

<番組のSNSもチェックしてくださいね〜>

番組のインスタグラムやツイッターでは、ゲストの写真や愛車をアップしています!
#garageheros
こちらを是非、フォローしてくださいね〜