お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

明日へのエール「江戸暮らし」。1月2日(土)は、『江戸前寿司』について!

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜 夜9時〜6時)何気なく耳にした、あるいは目にした「ことば」によって、勇気づけられたり救われたり…。 時として「ことば」は私たちに大きな力を与えてくれます。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、“ことば”をテーマにお送りしている番組です。これらの「ことば」が、皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です


江戸暮らし

毎月1回、時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんをお迎えして、江戸の人々の暮らしの知恵や楽しみ方を伺っています。

1月は、「江戸前寿司」について。江戸時代後期に江戸前で獲れた魚介を下処理したネタと酢と塩で味付けしたすし飯を握った「握りずし」が発生し、流行したそうです。流行の原動力となったのは、ミツカンの創業者・中野又左衛門で、熟成した酒粕を原料にして作った粕酢が、すし飯によく合ったから。ちなみに、当時人気だったネタは煮穴子やまぐろの漬け、赤貝の酢洗いなどだったそうです。

★番組の中でご紹介した、車浮代さんの著書のご紹介。

10月5日に潮出版から『天涯の海 酢屋三大の物語』が出版されました!のちのミツカングループ創業三代を描く、歴史長編小説です。皆さんも是非お楽しみ下さい。