お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


SDGsウィーク。松中権さんをお迎えして!

LOVE RAINBOW TRAIN

今週も、MISIAはお休みとなり、バビ江がお留守番を担当!

そして、今週はSDGsウィークということで、プライドハウス東京 コンソーシアムの
代表でもある、NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表、松中権さんをお迎えして、
SDGsの10番目の目標、「人や国の不平等をなくそう」について、
先月オープンしたプライドハウス東京を通して見つめてみたいと思います。

松中権さん

まず、このSDGsとは・・・
Sustainable Development Goalsの略で、「持続可能な開発目標」と訳されます。
貧困や不平等、環境破壊など様々な問題を解決し、”地球を笑顔にする”ことを目指す
世界共通の目標です。17の大きな目標(Goals)と、より具体的な169のターゲットから
構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを
誓っています。しかし、このSDGsの中にはLGBTは明示的に入れられていないそう。
これは、国によってはまだ同性愛に関して厳しい目が向けられてしまっている国も
あるので、そこに配慮した結果なんだそうです。

ただ、明示はされていないけど10番目の「人や国の不平等をなくそう」という
目標の中に、明示的ではないものの、LGBTが含まれているということ。

プライドハウスとは、2010年に立ち上がったもので、
バンクーバー・オリンピックの時にLGBTQとスポーツをテーマに情報発信をしていく
拠点として設立。2020年の東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに、
プライドハウス東京が立ち上がり、10月に「プライドハウス東京レガシー」が
新宿にオープンしました。

プライドハウス東京レガシー

こちらは、LGBTの情報発信であったり、当事者の相談にのったりしていくスーペース。
それだけじゃなく、LGBTQコミュニティ・アーカイブというプロジェクトも
進めており、LGBTQの歴史の本だったり、セクシャリティについて学ぶ本だったり
絵本だったりを集めて、読めるようになっています。

アーカイブ

本だけでなく、フライヤーやドラァグクイーンの衣装などもLGBTQの
文化的遺産なので、どうやって残していくかを検討中なんだそうです。
そのうちの一つが、刺繍アートで立体的に写真をプリントする技術。

DNPによる刺繍アート

また、オンラインでイベントやワークショップ、相談員養成講座などを行なう
ブースなども今後、設けていきたい、とのこと。

プライドハウス東京ウェブサイト
https://pridehouse.jp/

このSDGs、意外と身近なことが目標に含まれていたりします。
ぜひ、一度、SDGsに触れてみてくださいね!!

今週お届けした楽曲は・・・

♬:Holy Hold Me / MISIA(20:02)
♬:When The Heartache Is Over / Tina Turner(20:20)
♬:Seasons Of Love / Cast Of Rent(20:36)
♬:THE GLORY DAY-DJ EMMA 2020 / MISIA(20:44)