お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ
  • 音声あり

イモト、番組開始から4年、初のオリジナルグッズ製作中!

イモトアヤコのすっぴんしゃん

「すっぴんしゃん」もう一度聴きたい方は、下の黒丸をポチッとすれば聴けますよ♪

イモトアヤコのすっぴんしゃん | 2020/11/25/水 21:30-22:00http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20201125213000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

イモトが、番組開始から4年にして初めて「番組オリジナルグッズ」を作ることを発表。イモト自身が「番組ステッカー」用にイラストを描いてくるなど、いよいよ完成に向かうことに。そして、11月24日に【結婚1周年】を迎えたイモトは「最近、夫婦で目標が見つかった!」ということを告白。果たしてしてその内容とは!?

イモト:ちょっと前の話になるんですが「番組ステッカーを作りたい!」という話、(番組スタッフに向かって)あれ、どうなりました? ずっと聞きたかったんですよ。やるやるなんて言って、ずるずるずる伸ばして。こっちは「三枚おろし」をちゃんとやったのにさ!そっち側(スタッフ)さ、話に乗っかってるようで動いてなかった。

イモト:私が絵を描いてそれを番組ステッカーにしますかみたいな話になったから、すぐさま自分の写真を見ながら描いて描いたよ。それを“すっぴんしゃん共有LINEグループ”に送りましたよね?6人くらいいる中で返してきたの、カリヤさん1人よ!かわいいですねみたいな。誰かもっと言えよ!と思って。わたし的に自信があったから送ったわけ!うんともすんともLINEが鳴らないなと思ってびっくりしたんだけど。

イモト:「番組ステッカー」、ついに動き出していいですか?今「すっぴんしゃん」のステッカーにしたいなと思う自分で描いたイラストがあるんですけど、けっこういでしょう?気に入ってるんだけど。どう?どう?かわいくない?かわいいでしょ、かわいいよね?(スタッフの反応を見て)わかるよ、上手くはないけど味があるというかさ。私はこれ欲しいけど!

イモト:まだ「すっぴんしゃん」しか書いてないので、「イモトアヤコのすっぴんしゃん」って書いた方が良いですよね。書いて完成させて、これを番組ステッカーにする。で、いいんですよね?してくれます、ちゃんと??だって「たまむすび」とか人気番組は作ってメールをくれたリスナーさんにあげてるじゃん!ラジオ番組っぽいことしていこうよ!

イモト:じゃあ、「イモトアヤコの」を書くのはどこでもいいですか?

※いきなり書き出そうとするイモトさんにスタッフから「下書きしないんですか?」

ハハハハハ(笑)え、下書き?私の人生に下書きは無いのよ!このイラストも下書き無いんだから!下書きってそもそも何?

イモト:えー、今「TBSラジオ」という文字を書いてます。これがほんとに皆さんに届くんですよね。マジでこの絵は今まで描いた中で一番自信あるかな。それくらい好きな絵ですね。ステッカーになったら私が一番欲しいわー。

イモト:絵のコンセプトは・・・?(笑)今回発売された初エッセイ「棚からつぶ貝」の帯文を書いてくださった作家の西加奈子さんは絵もすごくお上手で、本の装丁も自分で描いてらっしゃって。段ボールにクレヨンで描いてる絵がすごい好きで、・・・それをイメージしました!(笑)いや、パクリではないのよ、好きなのよ(笑)いやいやいやマネしようとかじゃなくって(笑)西加奈子さん、ゴメンナサイ!やろうと思ってもあの絵は描けないから!ああいう絵が好きで・・・結果こうなりました、言わなきゃよかった(笑)西さんがクレヨンで描いてるんで、じゃあ私はクーピーかなと思って買って描きました。

イモト:下書きしてみたら・・・ミスりましたね〜、どうしましょう(笑)でも、これはこれで味はあるかもしれないですね。人生なんて修正修正ですからね!おおー出来た〜!!いい感じ!どうですか!?

イモト:そして、これは私の性格の問題なんですけど、画用紙にイラストを描いてきたんですけど、大きかったんでカバンに入らないなと思って折ってきたんですよねー。しかもちょうど絵のど真ん中に折り目をつけちゃって(笑)この折り目も楽しんでもらおうか!「ああ、アイツ折っちゃったんだな」と修正しきれないところに折り目を入れちゃったから。申し訳ない、こういうところだな・・・。

イモト:これを「番組ステッカー・第1弾」として、12月からの放送でメールを紹介した方全員にプレゼントしたいと思います!「ここ行ったことありますか?」や「棚つぶ」の感想、あと「イモトさんと会ったことあります!」などご縁があったようことなど、ぜひぜひメールをください!欲しいどうかは別ですけど(笑)どうしよう、逆にメールが減ったら。私は自分のスーツケースに貼るよ!

結婚1周年を迎えたイモト、夫と「夫婦で洗剤のCMにやりたい!」と話し合う

イモト:気づいたんですけど、昨日、1124日が「結婚記念日」でありまして。1年経ちました!あまり実感は無いですけど、早かったですねー。何か話せることあるかな・・・最近、(夫の石崎さんは)異常にDIYにハマってて棚とか作ってくれます。あと、夫婦の願望というかこういう風になれたらいいねというのが見つかったんですよ!発表していいですか?

いつか石崎夫婦で洗剤のCMをやりたい!

ということを話し合いました。目標ができました!いい夫婦って洗剤のCMがくるでしょ!洗剤のCMをやってると言い夫婦のイメージがあるでしょ!柔軟剤でもいいですよ!「柔軟剤か洗剤のCMを夫婦でやる!」、これが石崎夫婦の最終目標で(笑)なので企業の皆様、オファーの方をお待ちしてます!!いい表情するよー、「ふわっふわ~」みたいなことやるから!タオルに顔を埋めますから!ぜひ、石崎夫婦にお仕事ください!

長野県のじじい達は超〜元気!

イモト:ちょっと前の放送になりますが、見てくれましたでしょうか。「イッテQ」の珍獣ハンターイモト・ジャパンツアーの長野編。これまた長野もとっても良いところでしたね~。とにかく長野のシニアは大活躍で超元気!番組でも言ったんですけど、長野県って男性の平均寿命が第1位なんですよね。みなさん、敬意を持って言わせてもらうと、じじいが超元気でしたよ(笑)ああいうのを見ると、年を重ねるのも楽しそうだな、いいことなんだなって長野でみなさんと触れ合って感じました。

イモト:ロケでは色々やったんですけど、ハチ関係が多くて。「ヘボ追い」というハチ追い愛好会がいらっしゃって。平均年齢が75歳くらいの集まりなんですけど。地蜂という土の中に巣を作るスズメバチがいて、それを追っかけて巣を見つけて中の蜂の子を食べるというのがあるんですけど、取り方がとても面白くて。

イモト:まず、地蜂を寄せるためにスルメを木にぶら下げておくんです。それに寄ってきたハチに発泡スチロールで作った印を巻くんですよ。ハチが巣に戻る時に目印を追って巣を見つけるんです。1回で見つけられないんで何回も何回も距離を縮めてくんです。ハチって飛ぶじゃん、それと同じくらいのペースで追わないといけないくて。

イモト:とにかく長野のじじいがみんなとんでもなく走るのよ(笑)私、陸上部だったのに負けたんだもん、70代のダッシュに!それくらい元気で。しかもびっくりするのが、普通の道路じゃなくて、足元に切り株とか木の根っこがある山道ですよ。それを下を見ずに飛んでいるハチだけを見てみんな走るのよ!30代の山登りが得意のカメラマンが根っこに引っかかって転ぶくらいの危ないところなんですけど。そんなところをじじいたちが少年のようにハチを追っかけて走る姿!とても感動しました!

イモト:話を聞いたら、夏は朝から晩までやってるんですって(笑)「ハチ追いに勝る楽しみはない!」ってみんな言ってた。小学校からやってんだって、75歳になってまでハチを追ってんだよ(笑)仕事じゃないのよ。聞いたら、ハチ追いしに名古屋まで遠征しに行くんだって、すごくない!?

イモト:最後、蜂の子を食べたんですけど、蜂の子ってすごいパワーなんだなって思いました。その時ちょっとカゼっぽかったんです。元気になるって言うから蜂の子を150匹くらいバクバク食べたの。次の日、カゼが治ってた。ノドのいがいがとかだるさが一切消えていて、「蜂の子、めっちゃいいじゃん!」って思って蜂の子パワーを感じましたね。

天国じじいの「香水」と涸沢カールの紅葉

イモト:あとは、久しぶりに天国じじいこと貫田宗男さんとお仕事ができて嬉しかったなぁ。日本一の紅葉と言われている標高2000メートルの上高地にある「涸沢カール」の紅葉を見て。めちゃくちゃ綺麗でした。真っ赤に萌ゆるモミジがあって。今はテントで泊まる山登りの人も多くて、涸沢カールの綺麗な紅葉プラス、カラフルなテントが点在しているのも「THE涸沢カールの光景」で。私の中では紅葉といえば、この前メールで紹介した日光のいろは坂よりは「涸沢カール」だと思ってんだけどね。涸沢カールは知ってたし行ったことあるけど、日光のいろは坂は知らないという、私の職業はちょっと特殊ですね(笑)

イモト:そこで貫田さんと2人で「涸沢カールLIVE」をやろうということで、やるとYouTubeでもバズるという「瑛人さんの香水」をPV風にして撮ったんですけど。もう本当にね~貫田さんの香水はヤバいよ(笑)何度も聴いて何度も練習して本番も11回くらい撮り直して、それでも歌えないんだから(笑)現場でもADさんがカンペを用意して、貫田さんの注文でADさんが木の棒で歌ってるとこの歌詞をなぞりながらやるっていう(笑)「香水」の出だしの夜中に~が、貫田さんは何回やっても中に~(笑)出だしの「よ」が入らないのよ(笑)

イモト:そういうところも貫田さんの可愛らしさだし、NG無し、やれって言われたらやるという。決して自分発信では無いんですよ(笑)山小屋の中でもずっと練習してくれてね、また貫田さんを好きになりましたね。

TBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(11月25日・水曜放送より)