お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2020年11月22日「ミラクル・サイクル・ライフ」<アメリカ大陸を縦断した青木麻耶さんが自転車でスタジオに登場!>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

アメリカ大陸を自転車で縦断された青木麻耶さんをお迎えしました。
6月にリモートでご出演していただきましたが、スタジオにお迎えするのは初めて。
青木さんは横浜市のご出身。大学院修了後、大手企業に就職。
その後NPO法人で農業体験ワークショップの運営などに携わったあと、2016年5月からの1年間、カナダからアルゼンチンまで北米・南米8カ国、11,000キロを自転車で、おひとりで縦断。その軌跡をまとめた本『なないろペダル』が話題です。
実際に旅した自転車をスタジオに持ってきてくれました。
長旅の相棒は学生時代に買ったシクロクロスの「ジミーくん」。
素材はクロモリです。
どの国へ行っても壊れたとき、溶接で直してもらえるのがクロモリの利点と語る青木さん。
逆にいえば、それだけスリリングな体験を重ねてきた証拠でもあります。
あるときなどはブレーキが取れるアクシデントに見舞われたことも。
そのときはスロバキア人のアドバイスを受け入れ、ガムテープで止めるという急場しのぎで難を逃れたのだそうです。
そのほか、南米のボリビアにあるアタカマ砂漠では、テントが風で吹き飛ばされるというアクシデントも。
しかし、その砂漠地帯はツアー客も多く、青木さんを見つけるや親しげに話しかけてきてくれたそうです。
境遇を話して聞かせると「頑張ってね」と励ましてくれ、その上、水やチョコレートなどのお菓子を分け与えてくれたのだとか。
それから青木さんが驚いたのはフランス人チャリダーの食事の豪華さ。
まるでフルコースを楽しむかのように、前菜からメインまで手作り。
実に2時間ほどかけてじっくり堪能し、とても自転車旅の途中で取る食事には見えなかったのだとか。
青木さんもうらやましくなり、あるときからバックパックのほとんどを野菜やスパイス、パンなどの食材が占めるようになったそうです。
詳細は音声でお楽しみください。
番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。
番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!