お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

#84 ゲスト:迫田さおりさん

アクティブオーガニック「Be」presents「Be Style」

この番組は、様々な分野で活躍している方々にお話を伺い、
未来を生きるための『気づき』や自分らしいスタイルを確立するための
ヒントをシェアするプログラムです。

ゲストは先週に引き続き、
バレーボール元日本代表 迫田さおりさん。

迫田さんが引退してから、早3年が経ちました。

地元:鹿児島のテレビ番組出演や試合解説など、
現役時代とは全く違う生活を過ごし、
”戦う気持ちが無くて良い” というのが新鮮だったそう!

「練習、筋トレ、ボールに触るもの、3年全くしてないです(笑)
身体動かすのあんまり好きじゃ無いんですよね〜
でも、コロナでイベントも無くなって、外に出られなくなって
初めて自然と “バレーボールしたい” と思って驚きました。」

そんな迫田さん、最近は、
小さい頃からの夢『お花屋さん』を叶えたいと思っているそうです。
きっかけは、鹿児島のテレビ番組で
ドライフラワーの専門店を取材した事でした。

「撮影後に、私お花屋さんになるのが夢だったんですけど、
ここで働かせてくださいってお願いしたら、
じゃあ何かコラボを、と言ってくださって、コラボさせて頂いたんです。
それで、もっとお花屋さんへの愛が沸々としてます。
お花に囲まれているのが幸せで、楽しいんです。」

バレーボールの世界に指導者として入るのは
向いてないのではないか、と感じているのだとか。
その理由の1つは、後輩とうまく話せない事。

「スイッチ入ってしまったら変わって
厳しく変わってしまうので、その、燃えている自分がイヤなんです。
スイッチのON・OFFがうまく出来なくて、100かゼロかってなるので、
メンタルが付いていかないんです。現役時代もずっとONだったんだと思います。」

これからどんな事をしていきたいか、現在悩み中だという迫田さん。
今年延期になった東京オリンピック・パラリンピックについては、
元日本代表として、1年の重さ、
第一線に立ち続ける辛さについて語られました。

「色々悩まれた方多いんじゃないかな、と思います。
1年って思ってい以上に長いですよね。
本当だったら、床に手を付きたい中、
踏ん張っている選手たちがほとんどだと思うので、それをあと1年。
みんなで支え合いながら、今も走り続けていらっしゃるんだと思います。
無理に気合を入れなくても、気持ちを切り替えるタイミングって
選手たちはわかってると思うので。
一度気持ちを休ませる時もあって良いし、
自分らしく自分のプレーをしてほしいな、と思います。」

ここで迫田さんから、要潤に相談、、、
”ナレーションの読み方教えてください!”。

要潤流のナレーション読みの極意は、
『ゆっくり、雰囲気を出して、抑揚をつけてゆっくりと読むこと』だとか。
噛みそうな文言の時こそ、あえてゆっくりと棒読みのようにすると、
後で聞いた時に印象に残りやすいのだそう。

 

最後に、”自分らしくいるため” に大切にしていること=Be について伺いました。
「笑顔でいる事かな!と思います。」

2週にわたり、ありがとうございました!

 

今朝のBe Style Songs …
M1. Gobbledigook / Sigur Ros

 

「Be Style」は映像でも!「要潤オフィシャル」をチェックして下さい。
https://www.youtube.com/channel/UCkBTutqUvWTad0UHMAwieMg

「Be Talk」はこちらからチェック!
https://www.youtube.com/playlist?list=PL9-PnqeUtnCiLUHdpkXSS3rtdN_3i36IF