お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

松本穂香×レインボー 美意識の高い池田直人さん。一番お金をかけているのは「インナーケア」!

新米記者・松本穂香の研修ログ

毎週日曜日、お昼12時30分からお送りしているTBSラジオ「新米記者・松本穂香です。」。

11月15日(日)の取材相手は、8日に引き続き、お笑いコンビ・レインボーのジャンボたかおさん&池田直人さんでした!

「新米記者・松本穂香です。」11月15日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20201115123000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

取材後半戦は、松本記者がどうしても聞きたい質問と、リスナー記者からの質問をぶつけました。ますば、松本記者からの質問から。今回も池田さんの怪しいキャラクターがどんどん出てくる流れに・・・

松本記者が聞きたかった質問

★コントを撮るとき、思いもよらない展開になることはある?

モンスターティーチャーVSモンスターペアレント、みたいなネタの時、ティーチャー役のジャンボさんが世の中の先生をスッキリさせるために、ペアレントに対して文句を言っていたら、ペアレント役の池田さんが嘘みたいに反論をしてきて、8分くらいの予定だったのに、25分もやっていたことがあるんだそうです。

松本記者も「(ネタを)見ていると、ガチトーンで言い争ってる時がある」と指摘。でも、そういうヒートアップした回は評判が良いんだとか。これについて池田さんは、「ガッツリ決めすぎるとその流れにいこうとしちゃうので、ザックリで始めちゃうこともある」と仰っていました。

★そもそも、なんでお笑いをやろうと思ったんですか?

池田さんはずっとお笑いが大好きで、お母さんに「今日学校休みたい」と言うと、「じゃあ梅田花月観に行こうか!」と連れて行ってくれて、藤井隆さんに出会い、「この人みたいになりたい!」と憧れを抱き、それからずっとお笑いを見続けているそうです。

これにはすかさずジャンボさんが、そんなにお笑い好きな人が、どうやったら「27歳になったよ。素敵な大人になれますように。お笑いの神様に微笑んでもらえますように」ってインスタにたどり着くの!?と突っ込んでいました。

その流れでジャンボさんが披露した池田さんについてのエピソード。営業でタクシーに1時間乗ることになり、長いな~と思っていると、急に池田さんが「俺な~、30になったらメッチャ色気出ると思うねんな~。もう、ウソみたいなモテ方すると思うんよ~。上からもモテて~、下からもモテて~、ホンマに大変なことになると思う」と40分も語りだし、それを聴いていた運転手さんは、ミラー越しに舌を出して困った顔をしていたそうです。

★お互いの嫌なところは?

ここでは逆に池田さんから見たジャンボさんの嫌なところの話に。

ジャンボさんは一言でいうと「こころ人間」。悔しかったとき、うれしかった時、そのままわかりやすく出てしまうそう。つり革を悔しそうに握っていることや、信号が青なのに渡ってないなど、何があったんや!と思ってしまうそうです。お互い不器用なのかも!?

リスナー記者からの質問

★池ちゃんが体の中で一番お金をかけている所は?

池田:「一番お金をかけているのは”お水”です。シリカ水っていうのを飲んでて、それが月ダンボール2箱分(買っている)ので、9000円くらい。インナーケアが一番お金をかけてますね」

ジャンボ&松本「インナー・・・ケア・・・?」

と、ポカーンとあきれてしまったジャンボさんと松本記者。これ以外も含めて”インナーケア”だけで2万円もかけているそうで、これには松本記者も汗をかいていました。

★2人の好きな女性のタイプは?

池田:「美意識が高い人が好きなので、どんどんタイプが変わってきて、美しい系、キレイ系、色気あるって人。あと、自分でメイクをしっかりする人が好き」

しかも最近は口癖のように、「メイクさんと結婚すんねん」と言っているそうです。

ジャンボ:「よく笑って、シッカリしてて、ちゃんと飯を食う(人)」

小食の女の子は腹立つというジャンボさん。「あーお腹すいた」と言ってるのに、ちょっと食べてお腹いっぱいな空気を出しているのにイラッとくるそうですが、これには松本記者も「それはちょっとわかるかも。『いっぱい食べる』の基準が違う」と同調していました。

仕事でブレイクするには、「人にやさしく」&「美意識」が必要だ

取材の最後は、毎回恒例「虫食い格言ボード」。今回は、「仕事でブレイクするためには○○が必要だ」。まず、ジャンボさんの答えは、「人にやさしく」が必要だ

一流の人、芸人で売れてる方で嫌な人は一人もいない、優しい人しかいないというジャンボさん。病気で3週間くらい休んだ時に、久しぶりに劇場に行ったら全員優しくて「もどってきたな!最高じゃねえか1」と迎えてくれたそう。その時、楽しすぎて笑いすぎてほっぺたが痛くなったそうです。

続いて、池田さんの答えは、「美意識」が必要だ

「外見だけじゃなくて、心もね」と一言。これには松本記者も「最初来た時より、キャラ変わってませんか?狙ってきてます?」と突っ込んでいました。

レインボーのお二人、ありがとうございました!
次回、11月22日(日)の放送は、俳優の瀬戸利樹さんをお迎えします!お楽しみに!

「新米記者・松本穂香です。」11月15日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20201115123000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)