お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2020年11月8日「ミラクル・サイクル・ライフ」<子どもの頃の憧れの自転車と20年後に再会して自らの手でレストア!?ゲストは音楽家の石田ショーキチさん>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

音楽家の石田ショーキチさんをお迎えしました。
1968年、静岡県のお生まれ。1993年Spiral lifeでデビューされます。
解散後の1997年にはScudelia Electroを率いて8枚のアルバムを発表。
その後、2004年にはL-Rの黒沢健一さんやスピッツの田村明浩さんらとMOTOR WORKSを結成されます。さらに2007年にはソロアルバムリリース。
プロデューサー、レコーディングエンジニアとしても活動され、代表作にスピッツやCOCCOさんの作品にお名前を連ねられています。
そして、かなりの自転車マニア! 石田さんが子どものころはまさにサイクリングブーム。
少年マンガ誌には必ず、子ども心をくすぐるスタイリッシュな自転車の広告が載っていたそうです。
石田さんもスーパーカーライトのついた少年用自転車を買ってもらったのだとか。
その数十年後…。石田さんのオタク心を大きく刺激する『名車』との出会いがありました。
ある日、レコーディングスタジオの地下倉庫で子どものころの憧れだった1977年製・ブリヂストン・ユーラシア・RA-2を発見。
長く手入れされておらずボロボロの状態だったそうです。
「どなたもいらないのならボクが引き取ってもいいですか!?」と承諾を得てゲット。
なんとご自分で整備されたそうです。
そもそも石田さんの一番の趣味はクラシックカーの修理。
車に比べれば簡単と思いきや、自転車の修理のほうが難しいそうです。
そのほか、東京からライブ会場である大阪まで自転車で向かったお話、石田さんがプロデュースされているPLASTIC GIRL IN CLOSETの曲もお送りしました。
詳しくは音声でお楽しみください。

PLASTIC GIRL IN CLOSETのニューアルバム『DAWN TONE』から「ORANGE」が聞けるradikoのタイムフリーはこちら。

ゲストは音楽家の石田ショーキチさんhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20201108183000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!