お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

寒いけど、換気はしっかり!

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今日は「換気・空気の入れ替え」についてのお話でした。

11月9日は「換気の日」。空気を入れ替える〝換気〟です。「一般社団法人 日本(にっぽん)電機工業会」が1987年に制定しています。11月の「1」と「1」で〝いい〟。9日の「9」は〝くう〟つまり「いい空気」で「換気の日」となります。

換気は意識しないと、なかなか、できないものですよね、特にこれからの時期、寒くなると窓を開ける機会も減りがち。暖房を使う場合は意識して「換気」をおこなう必要があります。換気をすることで、部屋の中の二酸化炭素やハウスダスト、細菌やウイルスなどを外へ追い出す意味があるので、1時間に1回、5分から10分の換気が目安だそうです。

今年は「換気」が注目された年でもありますね。新型コロナウイルスの感染対策では「密を避けるだけでなく」「定期的な換気」が重要とされています。現在は「紫外線」を照射して空気を殺菌しながら、ビルの中を回るロボットも注目されているそうです。

一般家庭の場合、換気は大まかに2種類あります。

ひとつは「機械による換気」。2003年7月以降に建てられた戸建住宅やマンションには建築基準法によって、24時間換気の設置が義務づけられています。「我が家にもあるよ」という方も多いかもしれません。こちらは現代の住宅の機密性が高いための措置です。1時間で部屋の空気の半分が入れ替えると言う基準だそうです。

そしてもうひとつが「自然換気」。
こちらは窓を開けて、空気を入れ替えるものです。ただし、ただ窓を開けていればいいというわけではありません。風の入り口と出口という風の通り道を作らなければ効率的な換気はできないそうです。対になるように窓を2箇所開ける。窓がひとつしかない場合は玄関を開放する。真冬にこれをやるのは相当寒いのですが、健康のためには必要なことですので仕方がありません。

みなさんも今年は特に、意識的に換気をしましょう!


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。