お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「俺、アヒル飼いたいねん!」松本穂香×レインボー 池田直人がやりたいのは”動物番組”!

新米記者・松本穂香の研修ログ

毎週日曜日、お昼12時30分からお送りしているTBSラジオ「新米記者・松本穂香です。」。

11月8日(日)の取材相手は、お笑いコンビ・レインボーのジャンボたかおさん&池田直人さんでした!

お二人のネタ動画を毎日見ているという松本記者。面白い題名が多いので、それだけ見てまずは笑っちゃうとか。お笑い第7世代に入れてもらえないという不満を漏らすお二人ですが、冒頭から良いテンション!それに押されながらも、松本記者が二人に切り込んでいきます。まずは恒例のワンミニッツクエスチョンから。

レインボーのお二人へのワンミニッツクエスチョン!


松本:お笑い芸人を目指したのは、何歳の時?
池田:6歳
ジャンボ:小6

松本:10代の時に憧れていた芸人さんは?
池田:ずっと変わらない、今も藤井隆さんです
ジャンボ:ダウンタウンさん

松本:芸人生活で最もつらかった仕事は?
池田:ヒールを履いたまま雪山ロケ!
ジャンボ:神社に寄付してる大金持ちだけが集まる営業

松本:芸人になってよかったと思った瞬間は?
池田:好きだった人達に会えること
ジャンボ:とにかくほっぺた痛くなるくらい楽屋で笑えること(劇場で)

松本:昨今のお笑いブーム、ぶっちゃけどう思ってる?
池田:ネタ番組が増えたことはメチャクチャうれしい
ジャンボ:その反面、悔しいことが多すぎる

松本:ライバルを挙げるなら誰?
池田:ラニーノーズ洲崎
ジャンボ:第7世代

松本:コンビとしてのレインボーの強みは?
池田:色合いが合っている、やりたいことが似てる
ジャンボ:コントやったときのかみ合い方

松本:最近挑戦していることは?
池田:仮免取れました!
ジャンボ:嘘みたいに毎日メシ食う

松本:オファーを待っている番組は何?
池田:動物番組
ジャンボ:食レポ

冷静な取材っぷりを見せる松本記者。徐々に焦点を池田さんに絞り、その特異なキャラクターを暴いていきます。

池田さんのライバルはラニーノーズの洲崎貴郁さん

ジャンボさん曰く、「芸人界で一番キモいと言われている」という池田さん。「そんなことないですよ!」と否定するも、具体的な行動は・・・今年の池田さんの誕生日のツイート。「27歳になったよ。少しは大人っぽくなったかな…?」って撮り下ろしの自分の斜めの写真を載せていたという。

これについて池田さんは、「いいやん。撮りたくてハウススタジオ行ったんやから」と気にしていない様子。さらに松本記者には「美容師さんに一眼レフ渡して、撮ってください!とかやらないですか?」という質問まで。そういった行動を、東京では自分がうやるといい、大阪では洲崎さんがやっているという。そういう共通項があるが故に、負けられないんだそう。

池田さんがオファーを待っている仕事“動物番組”

続いて松本記者が「アイドルみたいな答え…」と注目したのが、池田さんがオファーを待っている仕事・動物番組。これに対し、池田さんは、「かわいらしい動物に会いに海外とか行ってみたいです~」。ここでまた、ジャンボさんが過去の出来事を明かします。1年前くらいに急に「俺、アヒル飼いたいねん」と言い出し、アヒルグッズを集めだしたという。極めつけはアヒルの口ばしを買って、コーナーで急につけてみて「ぶ~」と吹いてみたりしていた…。この目のつけどころはさすが!と、ジャンボさんは松本記者を絶賛していました。

レインボーの人生に影響を与えた曲

『君の好きなとこ/平井堅』

カメラが思わず撮れなくなってしまう、というコントで使用しているという曲。テレビに出させてもらったきっかけの曲でもあり、平井堅さんの歌声に、レインボーのマイムのお芝居がぴったり合うんだそうです。今 YouTube で平井堅さんの MV を見ると、レインボーの曲だ!というコメントが多いとか。

この取材の模様、後半戦は、11月15日(日)の放送でお届けします!お楽しみに!

「新米記者・松本穂香です。」11月8日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20201108123000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)