お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


7月10日(日)「忍者の修行を体験できる!『The NINJA-忍者ってナンジャ!?-』(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの阿部真澄 です。
放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

阿部真澄
TBSラジオキャスター。スノーボード・サッカー・ゴルフなど、アウトドア大好き!

今日7月10日の放送では、お台場の日本科学未来館で開催中の企画展、「The NINJA―忍者ってナンジャ!?―」 をご紹介しました。

夏休みに向けて今月から始まった期間限定の企画展です。今年は忍者元年とも言われる忍者ブームが来ているそうで、今日も朝10時の開館前から大勢の家族連れが並んでいました。展示スペースの中は4つのゾーンで構成されています。

*忍者研究室 …忍者に纏わる史料の展示
*STAGE1【体をきたえよ】…忍者体験
*STAGE2【技をきわめよ】…忍者道具等の展示
*STAGE3【心をみがけ】…呼吸法や精神統一方法を学ぶ

忍者1

▲入り口にて、スタッフの宮原裕美さんと

入り口を入ると、まずは忍者に纏わる史料の展示。三重県にある伊賀流忍者博物館から借りてきた貴重な忍術書が解説付きで展示されています。三大忍術伝書の「正忍記」(しょうにんき)、「忍秘伝」(しのびひでん)、「万川集海」(まんせんしゅうかい)など、東京ではなかなか見られない貴重な史料ばかりです。

「忍者は土をなめて道を決めていた。土をなめてみて、しょっぱければ人の汗が染みている=人が通れる安全な道と判断していた」「熱した鉄を冷やして磁力を持たせて水に浮かべて方位を見る特製コンパスを作っていた」など、私達が想像する忍術というよりも、生活の知恵などが多く書かれていたようです。

忍者2

▲伊賀・甲賀等49流の忍術をまとめた忍術の百科事典「万川集海」(まんせんしゅうかい)

そして忍術について勉強をした後は、実際に修行を体験できます!一番人気で番難しい言われているのが、「忍び足の修行」です。「忍び足」は、忍者が習得すべき歩行法「足なみ十ヶ条」の一つで、暗闇でも障害物に当たりにくい安全な歩き方だそうです。コツは、上から足を引き抜くように高くあげて、つま先からスッと足を下ろす、「抜き足」「差し足」です。3メートルの廊下を「忍び足」で歩く修行に、実際に挑戦してみました!

忍者3

▲「忍び足」体験中・・・一歩目で失敗。サイレンが鳴り響きます。

足に体重がかかるとセンサーが反応してサイレンが鳴るのですが、1歩目で失敗してしまいました。これは難しい!小さな子供は体重が軽いので素早く歩いても平気なのですが、大人はみんな苦戦!一歩一歩踏みしめるようにゆっくり歩いてもなかなか3メートル歩くことに成功している人はいませんでした。「手裏剣を打つ修行」も大人気!沢山の人が挑戦していました。

忍者4

▲3メートル先の的目掛けて手裏剣を打ちます!

忍者5

▲約170点の忍者道具の展示もあります。

様々な修行を終えると、「忍者認定証」が貰えます!こちらの企画展は期間限定10月10日までとなっています。お子さんの夏休みの自由研究の参考にもぴったりです!この夏はお台場で忍者体験をしてみてはいかがでしょうか?

※中継コーナー「にち10 おでかけリサーチ」は『安住紳一郎の日曜天国』内 10時30分頃に放送中です!