お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

国のトップのあだ名

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今日は「世界の有名な政治家のニックネーム」のお話でした。

アメリカ時間の11月3日、大統領選が行われる予定ですが、今朝、なぜ大統領など、世界の政治家のニックネームを取り上げるのかと言いますと・・・今日10月27日が、かわいいクマのぬいぐるみ「テディベアーズデー」だから。

この経緯は以前、番組の中でもご紹介しましたが、「テディ」はアメリカの第26代大統領「セオドア・ルーズベルト」さんのニックネームだったんです。そこで、世界の権力者とも言える人たちに、どんなニックネームがあったのか調べてみました。

まずは、2004年に亡くなったアメリカの第40代大統領、ロナルド・レーガンさん。日本では「ロン」という愛称が一般的のようですが、アメリカでは、「ギッパー」とも呼ばれていたそうです。

レーガンさんはラジオアナウンサーから、俳優を経て、政治家になられました。俳優時代、「ギッパー」という大学のアメフト選手の役でブレイクした為、その愛称が根付いたと言われています。

続いて、ソ連最後の最高指導者、ミハイル・ゴルバチョフさん。ニックネームは「ゴルビー」でした。響きが可愛らしいですよね。
ちなみに日本には、この愛称から連想した大粒で種のない丸い「ゴルビー」という名前のぶどうもあります。

変わって、2013年に亡くなったイギリス初の女性首相マーガレット・サッチャー。強烈なリーダーシップを発揮した事で知られていますが、サッチャーさんの異名が「鉄の女」でした。2011年にはサッチャーさんの人生を映画化した「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」が公開。この中で、大女優メリル・ストリープさんがサッチャーさんの強さと孤独さを見事に演じ分けています。

そして、去年亡くなられたフランスの元大統領、シラクさんのニックネームは「ブルドーザー」。豪華な政治手腕に加えて、日本文化を愛した事でも知られています。遠藤周作さんの小説を読み、温泉も大好き。そして、何より愛していたのが、大相撲でした。パリ市長の時の1986年と、大統領の時の95年に、大相撲の巡業をパリで開催。ちなみに、愛犬の名前も「スモウ」だったそうです。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。