お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

金八先生にスクールーウォーズ・・・あなたの好きな学園ドラマは?

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今日は「思い出の学園ドラマ」のお話です。

今から41年前のきょう、学園ドラマの金字塔とも言われる「3年B組 金八先生」がスタートしました。1979年から2011年まで、なんと32年間に渡って放送。30年以上も人気を保つことができたのは、沢山要素があるかと思いますが、その1つは「個性豊かな生徒たち」ではないでしょうか。

まず、1979年の第1シリーズ。
田原俊彦さん、近藤真彦さん、野村義男さんの「たのきんトリオ」。「顔はやばいよ。ボディやんな、ボディを」の名台詞でもおなじみの三原じゅん子さん。そして、衝撃的だったのが、杉田かおるさんと、鶴見辰吾さん演じる中学3年生のカップルの妊娠と出産。センセーショナルな内容でたちまち話題作となりました。

その後も、沖田浩之さんや、亀梨和也さん、上戸彩さんなど、様々なスターを産みましたが、ファンの間で語り草になっているのが1980年の第2シリーズに出た、直江喜一さん。
中島みゆきさんの「世情」という曲を聞くと、金八先生の名シーンを思い出される方も多いかもしれません。
直江さんが演じた不良少年「加藤優」が警察に連行されるという衝撃的なシーンのBGMでかかっていたのが、この曲なんです。ほとんどの不良中学生が警察から逃げたり、暴れたりする中、全く抵抗もせず、悟りを開いたかのような顔で、手錠をかけられる直江さん。この哀しみに満ちた表情は少年離れした演技力で、今もファンの間では伝説となっています。

檀さんが忘れられない学園ドラマは・・・
山下真司さん主演の学園ドラマ「スクールウォーズ」。1作目は、1984年の10月から1985年の4月まで半年に渡って、放送されました。
その後、続編や映画化もされましたが、ドラマの中では、名言もたくさん生まれました。

最後に1つだけ、スクールウォーズの名言を紹介します。山下真司さん演じる主人公の滝沢さんの言葉です。

「人間は誰でも死ぬんだ。残された時間を燃焼しろ。そこにお前の命の輝きがあるんだ」

滝沢先生、かっこいいです!


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。