お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

映画やゲームの農業描写をプロが検証したら、この作品がスゴかった

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」。今回は… 「『この畑で、この野菜は……ン〜……よく出来てる!!!』農業視点で<映画>や<ゲーム>を眺めて見ればより深く世界観を味わえる特集〜!!」
映画やゲームの背景に、なにげなく映り込んでいる、田畑や農作物。われわれ素人は、なにも考えずにボケ〜ッと見ていますが、農業のプロからすると、それはもう全然違う風景が見えているそうなんです。例えば……「ゲーム『ラスト・オブ・アス2』のジャクソン郡、畑やばいな!」とか「映画「インターステラー』のあのトウモロコシ畑ってさぁ……!」など、ついつい考察してしまうそうなんです。そこで、8月27日の「ラジオ、できるかな?」のコーナーでも紹介した「営農とサブカル」というポッドキャスト番組を配信しているジョンさんに、農業従事者が思わず「凄い!」もしくは「ひどい!」と唸るシーンについて解説いただきました。