お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


10月18日(日)収穫の秋!見晴らしも楽しめる「芋掘り体験」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの柳沢 怜です。

柳沢 怜

TBSラジオキャスター。車、音楽、お酒、野球観戦が大好き!動物にくわしい。

放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

収穫の秋!今日は芋掘りをご紹介しました。
川崎市麻生区の黒川東営農団地の芋掘り会場です。

▲このあたり


小田急多摩線の黒川駅を降りて坂道を歩いていくと、急にパーッと視界が開けて丘陵地帯が現れるんです。近くには線路や鶴川街道も通っている場所なんですが、とにかく広大な畑・里山

▲空気がおいしい


このあたりは川崎市では1番、多摩丘陵の中でも特に標高が高い場所なので、見晴らし抜群!京王線や多摩ニュータウンの街並み、今日は真っ白な雪を被った富士山までよく見えました。

▲高いぞ すごいぞ 富士山!


広さは東京ドーム4個分、約20haもあって様々な野菜や果物を育てていますが、今の時期は秋の味覚、柿・さつまいも・落花生。さつまいもは約28000株、落花生は約15000株が植えられていて、毎年10月は毎日収穫体験を受け付けています。

▲越畑幸作さん


「黒川東芋掘会」代表越畑幸作さんにお話を伺いました。ここは都心から近いこともあり人気の芋掘りスポットなので、いつもなら10月中旬になるとお芋がなくなってしまい収穫体験は終わっているんですが、今年はいつもより長く10月いっぱい楽しめます。

▲秋桜も咲いてました


その理由はコロナの影響で、毎年来ている幼稚園や保育園、大型バスの団体さんなどのキャンセルがあったためで、まだ掘っていない芋畑が4割ほどあるとのこと。喜べない理由ではありますが、10月の晴れた日に見晴らしのいい場所でお芋を掘るのは最高ですよ。

▲かわいいお客さん


芋の種類は焼き芋にぴったりのホクホク系 紅あずま。掘ったら、ツルに2~4個ほど芋がついた1株を230円で買い取る決まりです。大きなお芋や、沢山のお芋を掘り出せたら、かなりお得。

▲きれいな紅あずま


欲を出して「掘る前に茎を見て大きなお芋を見分けるコツ」は無いものか、越畑さんに質問してみましたが「茎が太くても芋が大きいとは限らない。掘ってみないとわからない」ということで、運試しに掘ってみました。

▲掘る場所の葉っぱは刈り取ってくれています


手入れされた土はやわらかくて、棒倒しのように手で土をかき分けていくとすぐに鮮やかな紫のお芋が見えてきました。

▲これは大当たりですね


結果…最初に掘り出したお芋は40gしかないミニサイズでしたが、同じ茎についていた残り3つを合計すると656gという収穫!満足です♪

▲私の結果(再度図ったら重さに誤差が)


ちなみに落花生の掘り取りは1株180円ですが、今年はタヌキが落花生のおいしさを知ってしまい、ほとんど食べられてしまったため、売切れ御免です。

▲落花生食い逃げ犯の足跡。


さつまいも堀り、今年は今月いっぱいやっています。団体を除き予約不要なので、直接会場の受付に行ってください。軍手持参をおすすめします。