お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「十月大歌舞伎」レポーターおすすめの演目はこれだ!プレゼン対決!

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。

伊集院光とらじおとぷれぜんと

10月15日(木)の放送でお送りした、『「十月大歌舞伎」レポーター おすすめの演目はこれだ!プレゼン対決!』
最近のゲストコーナーでは、片岡愛之助さん、尾上松也さん、市川猿之助さん、中村勘九郎さんと、
立て続けに歌舞伎俳優の方にご出演頂き、歌舞伎熱が上がっている当番組。

そこで今回は歌舞伎座さんご協力のもと、現在上演されている「十月大歌舞伎」のプレゼン対決です!

十月大歌舞伎は
「銘作左小刀」「京人形」「双蝶々曲輪日記」「梶原平三誉石切」「口上  楊貴妃」の四部構成。
その中からおすすめの演目一つ選んでのプレゼンでした。

今回勝利したのは、ナオ・デストラーデ!

→私が一番オススメするのは「銘作、左小刀、京人形」甚五郎は花魁の小車太夫に一目惚れして、ただいま恋わずらい中。
あまりに好きすぎて小車太夫の、等身大の京人形を作ってしまうんです。美しい人形を眺めながら、まるで遊廓に遊びに来たかのように宴を始めます。
すると思いが届いたのか、京人形が、動き出す!とまぁ簡単に言うと、
オタクの男性が好きな女の子の等身大フィギュアを作って、ごっこ遊びをしてたら奇跡が起こる!これ江戸時代の話ですよ!?
フィギュアを愛しすぎて生命が宿る。ってここ最近のアニメのような発想が江戸時代にもあったって事が驚きですよね?
江戸時代から男ってなんにも変わってないんですね!

とキャッチーでとても分かりやすいプレゼンでした!

<参考>

才木玲佳プレゼン演目:「梶原平三誉石切」

放送の模様は、ぜひ、以下のタイムフリーで!

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)