お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

第77回 「昭和歌謡~なかにし礼さんのはなし」

サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし

番組のインスタグラムは、こちらからどうぞ
https://www.instagram.com/showa954905/?hl=ja

サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし

今回は、昭和歌謡~なかにし礼さんのはなし」と題し、
日本を代表する作家で作詞家のなかにし礼さんにお話を伺いながら
昭和の歌謡史に輝く数々の名曲を聞きました。
なかにしさんには、リモートでご出演いただきました。

なかにし礼さんは昭和13年9月2日、旧満州牡丹江で生まれ、
昭和21年、日本に引き揚げ、幼年時代は小樽と青森で過ごします。
高校進学時に上京。喫茶店でのアルバイトがきっかけで、
シャンソンと出会い、立教大学仏文科に進学後、
シャンソンの訳詩を手掛け、その後、歌謡曲の作詩家として活躍。
「恋のフーガ」「天使の誘惑」「石狩挽歌」「北酒場」
「まつり」など約4000曲の作品を世に送り出し、
日本レコード大賞、日本作詞大賞ほか数々の音楽賞を受賞。
また、2000年には、作家として『長崎ぶらぶら節』で、
第122回直木賞を受賞されています。

今回は、昭和の時代を彩ったなかにしさんの歌謡曲の
制作秘話を伺いながら、今も歌い継がれる理由などを
紐解きます。
さらに、石原裕次郎さんや北島三郎さん、
黛ジュンさんらとのエピソードもお話しいただきました。

放送の全編は、radikoのタイムフリーでどうぞ。
放送より一週間以内、下記のバナーからお聴きいただけます。

放送の一部は「TBSラジオクラウド」でお聴きいただけます。
こちらをクリックしてください。

 サンスター文化の泉 ラジオで語る昭和の文化 2020年9月27日(日)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200927230000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

/div>