お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「いつから自分の知識にしていいの?」悩む土屋礼央に、赤江珠緒がズバッと珍回答!!

赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび

平日午後1時から放送中のTBSラジオ赤江珠緒たまむすび
9月24日(木)は、赤江珠緒×土屋礼央のコンビでお送りしました。

『たまむすび』2020年9月24日(木)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200917130000
radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

今日は“フリーターの頂点・土屋礼央水曜「たまむすび」からのキャッチコピー、大吉さん命名!)として登場した土屋さん。先週から燻っていることについてご報告。

まずは、てこずっていたRAG FAIRのメンバー総出のグッズ発送。
赤江さんのアドバイスにより、作業速度が2倍!になったことをご報告。

「まずは一回やってみる」スタイルの土屋さんは、赤江さんの分析によると“発明家タイプ”だという結論に!そしてもう一つ・・・
先週の放送で、リスナーの方からのメッセージ内にあった「ペデストリアンデッキ」という単語にうまく反応できなかったことを、今週まで引きずっているようで‥‥

「ペデストリアンデッキ」について、「公の場」でいつから知っていたフリをすればいいのか!?

・・・どうでもいいようですが、鉄道ファンとして真剣に学んでいる様子なので、赤江さんがアドバイス!

アフターコロナ後に知った、でいいんじゃない!?」
「アフター」と「後」で、同じ意味を重複させて強調する名アドバイスでした!

ということで、この日のメッセージテーマは「この一週間で仕入れた知識!

▼そして今日は「ジャパネットたかた」のコーナーで、いつもは電話越しの、あの“馬場さん”がスタジオに登場!

赤江さんは、いつもの電話先の相手を呼ぶ感じで「ばっばさ~ん!」と話しかけ始めたり…

土屋さんは、イメージしていた“馬場さん”感とは違う(どんなイメージなんだ!?)…と若干戸惑わせる中、

「万年筆」をご紹介頂きました! 今後とも、末永くよろしくおねがいしまーす!
書き心地に真剣な眼差しの赤江さん

▼そして、3時からのゲストコーナー「おもしろい大人」には、現役のOL、作家・書評家の三宅香帆さんが登場。読んだフリしちゃいがちな名作小説〝海外文学の名作 〟について伺いました!

●ドストエフスキー “カラマーゾフの兄弟”
●J・D・サリンジャー “キャッチャー・イン・ザ・ライ”
●ヘミングウェイ “老人と海” といった、タイトルを例に解説頂きました!

「老人と海」についての三宅さんの話を聞いた土屋さんが「やるなヘミングウェイ!」と言っちゃう、、、

くらいの、三宅さんの名解説!その視点は知りませんでした!という名作文学のオモシロがり方、たくさん教えてもらいました。

三宅香帆さんの新刊「読んだふりしてたけど ぶっちゃけよく分からん、あの名作小説を面白く読む方法」

ぜひradikoのタイムフリーで三宅さんの解説を聞きつつ、合わせて読んでみてください!

そして!明日は、外山アナ&玉さんの「金曜たまむすび
2時からは『プロモーションさんいらっしゃ~い!
3時台の特集コーナー『たまむすびTOKYOもん』では、国分寺駅から徒歩2分!「殿ヶ谷戸庭園」を特集します。

明日もお昼1時からは「たまむすび」で!!お楽しみに!

【おまけ】


『ACTION』木曜日、羽田圭介さんとの距離を詰めきれなかった土屋さん。。。
今度はこちらのゲストとしてお呼びしてもいいですか?

 

  • メール:tama954@tbs.co.jp
  • ハガキ:〒107-8066 TBSラジオ「たまむすび」