お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

お米のプロが推す!2020年「おすすめの新米」

ジェーン・スー 生活は踊る

9月22日(水)の「スーさん、コレいいよ。」のコーナーには、5ツ星お米マイスターの澁谷梨絵さん登場!



「5ツ星お米マイスター」「ごはんソムリエ」「雑穀(ざっこく)エキスパート」「雑穀(ざっこく)マイスター」「薬膳(やくぜん)インストラクター」と、複数の資格を持つ、“お米のマエストロ”。
これまで、お米の保管方法や玄米や古米の上手な活かし方、おかゆづくりの秘訣と、お米にまつわる様々な知恵を伝授いただきました。今年4月以来のご登場です。

今年の新米の出来は?

今年は梅雨がなかなか明けずに長雨が続き、生育が心配されましたが、 梅雨明け以降の晴天でグングンと生育が進み、順調な収穫を迎えられそうです。
コロナの影響は、業務用米の売上が減少していて、ややお米が余り気味なので 今年はお米の価格が下がり気味の傾向にあります。つまり、今年は、美味しいお米を安い価格で購入することが出来ます。農家さんの応援も含め、たくさんお米を食べて頂ければと思います!

皇室のお墨付き!千葉県多古町産のこしひかり!

千葉県の中でも多古町は、ミネラル分が多い粘土質の土壌で米作りに最適な土地です。ここで作られるお米は「多古米」と呼ばれ、古くは江戸時代から味の良さが評判になり、皇室に献上する「献穀米」にも選ばれたほどです。

味の特徴はどうですか?瑞々しいツヤ感と甘い、もっちりとした粘りで非常にバランスが良く、新米ならではの香りを楽しめます。

軟らかく甘みが強いお米なので、シンプルなおかずがオススメです。白菜漬けや田舎漬けのたくあんなどが合います。

インターネットで「千葉県多古町 こしひかり」と検索してください。

濃厚なおかずとベストマッチ!新潟県産こしいぶき!

「こしいぶき」は、コシヒカリを親に持つ「ひとめぼれ」と「どまんなか」をかけ合わせて誕生したお米。約800通りの掛け合わせから選抜された品種です。
“しっかりとした粒張り”と“大粒の優しい甘み”のある味わい。新潟の中でも早く収穫されるお米で、食べ応えがあります。

食べ方としては、しっかりとした歯ごたえと大粒で食べ応えがるので、濃厚なおかずが合います。例えば、卵黄に顆粒出汁を少量と醤油を垂らして食べると美味しいです。

そのほかのおすすめ新米は?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓